enraのパフォーマンスすごいから見てみて!幻想的な世界と凄い表現力の理由。

enraは映像とダンス、音楽を組み合わせたパフォーマンス集団です。先日テレビでenraの演技を初めて見てその表現力に感激しました。すごいですよ。

私が見たのはカンヌ国際映画祭 披露作品「FILMS」です。(番組は「雨上がりのナニモン!?」)

ね!すごいでしょ!!

音楽と映像が美しい幻想的で不思議な世界。思わず見入ってしまう。すごい迫力で繰り広げられる表現力に感動して思わず、わーっと声を上げてしまいました。たったあれだけのスペースですよ。

見終わった直後、宮迫さんも「鳥肌がすごく立ってしまっています」とコメントされていました。分かる。テレビの画面からでもその迫力は伝わってきましたもの。

なごみ
音楽も映像も素敵。とってもかっこいい!

見るものの感情を刺激し唯一無二の空間を作り出すすごいパフォーマンス集団Enra。

▼こちらはenraのYoutubeチャンネルです。他の動画も見られます。チャンネル登録もできますよ。

enra – motion graphics performing arts – – YouTube – YouTubeより

▼公式サイトはこちら。


enra VOYAGER 2017 JAPAN TOUR <オフィシャルHP>より

Enraのすごいところ

これ見ていたら動きに映像を合わせているんじゃないかと思うでしょう。そうじゃないんですよね。パフォーマーは映像を頭に入れていて身体の感覚で音楽に合わせてパフォーマンスしているだけなんです。正確にタイミングよく方向転換したり身体の向きを変えたりする必要があるのです。そう聞くとよりそのすごさが分かりますね。

この不思議な世界は目の錯覚を匠に利用しています。例えば階段を上っていたり、扉を開けたり、走ったりいたり、飛んでいたり本当にやっているように見えます。

パフォーマーは基本的に前を見てパフォーマンスをしているので、映像を見ていないのです。映像を見て動きを合わせると遅いのだそうです。確かにそうですね。

位置は体の感覚で「この位置ぐらい」というのを覚えています。練習に練習を重ねて1歩の感覚を研ぎ澄ませます。床にはたくさんの目印が貼り付けられていました。数センチ狂っただけでも台無しになるので、精緻なダンスが要求されます。タイミングは音楽で覚えます。練習の様子は真剣そのもの。

だから高度なスキルとものすごい練習量が要求されます。一つの作品にかかる時間は、ひとつの作品に2ヶ月から長いときには半年ぐらいだそうです。そうして生み出される作品は本当に貴重です。

 

リーダーで映像クリエイターの花房延介さんのお話

凄腕パフォーマーを束ねる。映像を使ったライブパフォーマンスをやりたいと思ったけどダンスが全くできない。プロフェッショナルなパフォーマーと一緒に組んでやったらすごいものができるんじゃないかと、なんとツイッターで集めたそうです(全員ではないそうです)。びっくりでしょ。始動したのは2012年です。もう5年も経つのですね。

映像と動きの融合という新感覚パフォーマンスを創っていくにはさまざまな壁にあたることもあったと言います。

どんなコンディションであっても同じパフォーマンスをするという難しさ。もともと正確さには自信があったそうです。元々すごいパフォーマーの集まりですが、そのスキルをもってしても、実際映像に合わせて躍ってみた時に、全く雑だったということに映像を見て気付かされたそうです。そりゃ難しいですよね。映像は毎回1ミリもずれないのですから。

すごいメンバーの集まり

演技を行うパフォーマーも実はすごい方の集まりですよ。

金子ノブユキさん 音楽監督・俳優。

望月さん ディアボロプレーヤー。2015年にジャグリングの世界大会で優勝。

加世田さん 中国武術家。96、99、01年に全米武術大会で3回優勝。武術のパフォーマンスがカッコいい。

和田谷さん バレエダンサー。ミスユニバースのファイナリストに選出された経験がある。とても綺麗な方。

その他、アニメーションダンサー、ハウスダンサー、新体操選手、ジャグラーなど多彩なメンバーが揃っています。

特殊なパフォーマンスを行うenraはいつも大忙し

パフォーマンスに使うスクリーンは特殊なサイズなのでなんとメンバーが設置します。スクリーンを立てた後には演技を行う場所のチェックをします。ばみりと言うそうです。この位置合わせは動きの要。本番のプログラムをまるまる90分行い、全員でチェックします。

enraのパフォーマンスはとても分かりやすく子供からおとなまで全員楽しめます。言葉を使わなくても伝わる国境を超えたパフォーマンスはこうやって作られるのだなあと感心しました。ツアーでヨーロッパや中東を回って世界中の人たちに見てもらいたいそうです。1枚のスクリーンにenraの無限大の可能性が秘められています。色んな事ができそうです。この映像を観ていると創造力と感情がかきたてられます。

公演では体験コーナーも設けられているそうです。実際に番組でも出演者が体験していましたよ。私もやってみたいな。

なごみ
ああ、ほんと絶対リアルで見に行きたい。

機会があれば、みなさんもぜひ。

関連リンク

公式サイト

enra VOYAGER 2017 JAPAN TOUR <オフィシャルHP>

講演スケジュール

enra講演スケジュール

ぜひ私の住む大阪でもやって欲しいなと思います。

enra Facebook

エンラ -enra- – ホーム

enra Twitter

Twitterでは動画投稿や講演のお知らせが配信されています。

enra(@enra_jp)さん | Twitter

スポンサーサイト

▼現金でギフト券チャージ、初回購入で1,000ポイント!
さらにチャージするたび最大2.5%ポイント貯まります。