年齢だって強みになる。シニア限定60歳以上、経験不問ってどんな職種?

いま日本のシニアパワーが注目されています。60歳以上限定の不思議な求人が増えています。あえてシニア限定。しかも経験不問というものです。不思議でしょ。だって普通経験者を募集しますよね。

先日NHKの「所さん!大変ですよ」の「今、経験不問のシニア限定の求人が増えているんです!」という導入を見て

なごみ
もしかして詐欺?

ブラックな理由さえ想像しちゃいました。

くま
若い人が少なくて集まらないから?

それもあるんですが、それだけじゃないところが面白い。何となくホッとしたような、明るい気持ちになりました。

各社のシニア応援求人一覧まとめました

実際に調べてみると、このように各紹介会社でもシニア限定の求人が増えてきています。これまでの人生経験を活かした管理職の仕事もあります。若い世代にはない良さをアピールしましょう。活躍の場はたくさんあります。意外な適性が見つかるかもしれません。気になる方はぜひチェックしてみてください。

シニアバイト探しを応援 | タウンワーク
中高年のアルバイト | フロム・エーナビ
60代以上応援の求人・転職 | はたらいく(リクルート)
地方企業経営幹部への転職特集 日本人材機構

シニアが働くことのメリット

シニア世代が働くことで様々なメリットが得られます。

  • 生きがいづくり
  • 社会との関わり
  • 社会や人の役に立てている実感が持てる
  • 仲間との楽しい時間が持てる
  • これまでの経験を活かす
  • 新しい能力の開発(自分の意外な一面に気づく)
  • 健康促進
  • 身体を動かすこで筋肉が鍛えられる
  • 脳が鍛えられる
  • 規則正しい生活が送れる
  • 経済的なゆとり

シニアが活躍する職場はさまざま

番組で紹介されていた働くシニアたちです。共通しているのはシニアの良さを上手に活かしているところです。働くシニアにも雇う側にもメリットがある、これが良いところです。

早朝からの工場勤務

まずは芋けんぴなどを製造する食品メーカー。需要を見越した増産のため、開始時間を5時にしようと募集したところ若い人が一人も集まらなかったそうです。仕方なく新聞広告でシニアを募集したら一瞬にして枠が埋まりました。番組では工場で働く14人すべてが61歳~79歳の方です。

もともと朝方の生活習慣があるシニアたちは5時開始なんてへっちゃらです。始業の45分前には全員集合して楽しそうにお茶してました。仲間と話をすることが楽しいのだそうです。立ち仕事でも皆さんシャキシャキ、活き活きと働いています。身体も頭も使う方が鍛えられるのでしょう。見ている方まで元気になりました。

経営も売り上げは20%増となったそうです。「もうこの方たちがいないと会社は回りません」と経営者の方は言っていました。

年を取ると孤独はダメ。ここへ来ると仲間がいる

同じ境遇の仲間と悩みが共有できる

人と関わり、人生を共有することを楽しんでいる様子が素敵でした。

ステーキチェーンのシェフ

早朝ではないにもかかわらずあえてシニアを募集している企業もあります。全国で展開しているステーキチェーン店で肉を切っている男性は69歳。半年前シェフとして雇われました。

手際よく次々と肉を焼いている男性。さぞ熟練のステーキ職人かと思いきや、もとの専門はイタリアの料理で、ステーキを焼いた経験は1回もなかったと言います。

このシェフが焼いていることで良い点は

「本格的な雰囲気が出て絵になる」

「若い人より肉が美味しそうに見える」ということです。

えー!と思いましたよ。

お客さんに聞くと「ベテランの味で美味しく見える。」「経験を踏まえて焼いているのですごく美味しそうに見える。」と喜んでいる。確かにコック帽をかぶったシェフが奥でステーキを焼いている様子は、かなり雰囲気出ていました。でも経験は半年ですよー。

微妙ですが美味しいなら良い事にしましょうか。ちなみに焼き方は2週間の研修がありしっかりマスターされたそうですのでご安心ください。

どんな理由であれ能力があって働きたい人が働けるのは、嬉しいことです。

僧侶

こちらは、もとサラリーマンの僧侶のお話。都内の大手不動産会社に勤務で、サラリーマン時代は全国で都市の再開発など大規模プロジェクトを手がけ営業部長まで務めた方です。

しかし「定年後は先が全く見えなくなって頭の中が空っぽになった。生きる目標失ってしまった。」そうです。残念ながら夢中で働いてきた方ほど陥りやすいのでしょう。

実は今、仏教界は深刻な僧侶不足に直面しています。全国にあるおよそ8割の内なんと4分の1が空き家です。そこで僧侶不足解消のため目をつけたのが元サラリーマンのシニア世代でした。

この方は退職した日に僧侶を募集する求人を目にしました。「世のため人のために活動しませんかと言うフレーズにもう一度社会経験を生かせるんじゃないかと感じた」と言います。今、男性のもとにはひっきりなしに相談が寄せられていて、この日は町内で起きている土地の境界線問題を話し合っていました。役所との交渉経験など、不動産会社で培っていた知識が大いに役立てられています。

俳優

豹がらファッションに身を包んだシニアたちが在籍する芸能プロダクションでは、素人のタレントの練習風景が紹介されていました。大阪のおばちゃんたち(←すみません。私もそうです。)の笑い声いっぱいのなんとも賑やかなスタジオ。その方たちのものすごく元気なこと!みな年齢は60歳以上、普段は主婦です。

出演している多くがシニア向け商品のCMで、中には20本以上も出演した売れっ子までいると言います。お墓のCMでインタビューを受けているところや、シニア向けの薬や健康食品のCM、そういえば最近よく見ます。

事務所によるとCM出演は倍増していると言います。確かに、有名女優が演じているCMだと非現実的に感じる事があります。逆に、自分と近い世代の身近な人が話していると興味がわきますものね

デパートの化粧品販売員

高齢社会の今、シニア世代の消費額はなんと100兆円を超えます。日本国内の巨大なシニアマーケットを取り込もうと企業があえてシニア世代を雇って活用しているケースが出てきています。

デパートの化粧品売り場でシニア販売員が接客していました。「若い方だとわからない部分がある私たちの年齢のことをわかっていただける」とお客さんも言います。

こちらの販売員は、同じシニア世代のリピーターを増やすことに成功し、シニアの店の売り上げの半分稼いでいます。老化を遅らせたい思いは全く同じなのでお客様と悩みを共有できます」と。

そこが1番強い。こちらの化粧品メーカーにはシニア販売の積極的に採用していると言います。

自分の職場でも経験ありますよ。若いスタッフが苦慮する苦情対応でも、私が話すとスーッと落ち着かれることがよくあります相手の立場にたって話せることと落ち着いてきたこの見た目がひとつの武器になっているのだと思います。経験も積んできましたしね。

目尻のシワなんて、むしろ堂々と笑った方が相手もつられて笑ってくれて、安心感を与えられていると最近発見しました。自分の年齢を感じて嫌だなあと思っていたけど、歳をとるのもわるくないなと思えてきました。

歳をとっても働く事は脳にも良い

歳をとっても無理のない範囲で社会と関わることは良いことです。「働く」というのは選択肢の一つです。

脳科学者の方がこうコメントしていました。

脳は使わないとどんどん機能が低下しますが、働くことで刺激になって脳機能が保てるのです。

脳の機能は70歳位まで上がると言われています。知能は経験と知識に関するものと処理能力の2種類があり、経験と知識に基づく知能は経験を積めば積むほど上がっていきます

以前ブログでも紹介しましたが100歳を超えても健康で、生活を楽しんでいるセンテナリアンも、働くことを楽しんでおられました。人は誰かに役に立っている事で長生き遺伝子が働くのだそうです。

徹底解明100歳の世界。センテナリアンの健康長寿の秘訣に学んだこと。

2017.04.02

望む望まざるに関わらず働くシニアは増えていくでしょう。これだけの超高齢社会ですからね。若い日本人が足りないのですから、外国人か高齢者の労働力、またこれらシニアパワーも活用していかないといけないでよう。

シニアが良い環境で働けるように

私の勤務先にも60歳以上の方が数名働いています。退職されましたが、以前は80歳の方もいました。その方は警備をしながら簡単な事務作業をしていました。週2日勤務です。

立場は私の方が上ですが、仕事を依頼する時には丁寧に話すよう心掛けていました。30歳以上年上ですからね。「もっと偉そうに指示してくれていい」と何度か言われましたが、これで良好な関係が保てていたのだと思っています。

働く事を楽しんでいるというのは、この方の事を思うとよく分かります。「体や頭を動かしてや人の役に立つ事が出来る。いつも感謝している」と話していました。とても楽しそうでいつも1時間前には出社していました。ただお給料だけではないメリットあるのです。

* * *

さらに番組では韓国のシニアによる宅配サービスが紹介されていました。韓国では、65歳以上は電車運賃が無料です。重くない荷物をシニアが運ぶことで割安の宅配サービスがあります。10年ほど前から始まったシニアによる宅配サービスです。高齢者にきつい仕事を強いているのではないかと言う意見もあり賛否両論だそうです。今後シニアの仕事が増えていくにあたって、仕事内容とその報酬が見合っているか注意が必要ですね。

なごみ
「働かないと食べていけない老後」は嫌です。「働いても働かなくても生きていけど、働きたかったら働ける」というのがいいなと思います。そしてそれなりの収入増もあればいいですね。

今、私は40代です。この番組に関心を持ったのはちょうどこれからの生活が気になる世代だからです。これから迎える50代、60代、そして老後が明るい生活であって欲しいなと思います。

では、また。

ザ・コーチ☆人と比べないワクワクする人生の目標の立て方

2018.01.29

イライラしたら6秒数える。アンガーマネジメントを実践してみた。

2017.04.12

目を見て話すことで変わるコミュニケーション。ユマニチュードに学ぶ「人との接し方」

2016.11.05

ドルツのウォーターピック(水ハブラシ)使ってみたら超気持ちよかった!口臭予防にもおすすめ。

2016.07.25

スタンディングデスクに変えて1年6か月。立って仕事をして実感するメリットなど。

2016.05.17

心と体のメンテナンス 記事一覧  | ゆるりまあるく

スポンサーサイト