超軽いZoffのメガネに大満足。パソコン用のブルーライトカットメガネを買いました。

パソコン用のブルーライトカットメガネを初めて買いました。Zoffのブルーライト50%カットのメガネです。店頭でチェックしてネットで購入。2%のポイントバック、さらに初回限定で500ポイント店頭で買うよりお得に買えました。いいお買い物が出来て満足です。

メガネコンプレックスの私

私メガネはたくさん持っているのですよ。笑っちゃうでしょ。この多さが私のメガネコンプレックスの現れです。「何本あるのか」と並べていて自分でもあきれてしまいました。多いのは気軽に買えるJINS!ですね。その他ブランドのデザインもあります。この他にもさらに壊してしまったメガネもあります。

一番、気に入っていたのは「世界一軽いメガネ」という売りの「シルエット」です。あれは本当に軽くて使いやすかった。快適。でもたっかいんですよね。確か7万円ぐらい払ったと思います。リムの部分が壊れてしまってここには写っていないのですが、なかなか、あのクラスのメガネには気軽に買い換えられません。それとシルエットはフチなしメガネなのですが、強度近視のためレンズが分厚くなってしまうのです。ふちなしレンズはレンズが薄い方がカッコいいですよね。かけごこちは最高なのに残念です。

私は強度近視でメガネをかけた自分の顔にはコンプレックスがあります。度がきついのでメガネをかけると目が小さく見えてしまうのです。最近はあまり気にしないようになりましたが、20代、30代の頃はほんとに嫌で何本もメガネを買い換えました。度なしのメガネをかけるといい感じなのに、度が入ると似合わないんですよね。ほんとつらい。

目のためには長時間のコンタクトレンズ使用も控えた方が良いと言われてきました。コンタクトレンズを装着すると目は酸素不足になりますし、目の表面にも小さな傷がついたりと負担になります。特に最近ドライアイの診断を受けて、できるだけ目薬を使用するように医師から指導されたところです。1日6回、月3本。「治ることはありません。うまく付き合い続けてください。」と言われました。

視力も落ちてきているし、この機会にメガネを新調することに。パソコンの利用時間も8時間以上と長いし、ついでなのでブルーライトカットのついたメガネにすることにしました。

初めてのブルーライトカット

カット率は数字が大きいほどブルーライトが目に届きにくくなり、目が保護されます。ただしレンズの色も濃くなります。

私が店頭に訪れた2018年8月時点で、JINS!は25%カットと40%カット、Zoffは50%カットのみのラインナップでした。50%カットは、そうですね、かけるとうっすらベージュっぽく見えます。うっすーい茶色、フィルムを1枚かけたような感じです。かけて外に出ると、晴れた日でも薄曇りのように感じます。かけていると慣れてくるのですが、はずすと「ああ、世界はこんなに白かったんだ」と思います。

レンズ自体にもうっすらと茶色く見えます。仕事中にかけましたが、周りの人は言わないと気付きませんでしたね。「言われたら分かる程度」とのことでした。全く透明ではないので、色付きメガネがダメな職場だとカット率が高いものは注意が必要かもしれません。

私は面倒なのであまり考えずに休日の買い物にもかけて出かけています。気になりませんし、何日も1日中このメガネで過ごして全然問題ありませんでした。パソコンやスマホ用のメガネなので、気になる方はその時だけかければ良いでしょう。色を正確に判別したい時、例えばウェブ制作で色調整をする時には普通のメガネの方が良いです。私はその割合が少ないので、その時だけはずしています。

ブルーライトカットは「よく眠れる」とか言われますが、その変化は特に感じません。もともとよく眠れていますし。目の疲れは、うーん、よく分かりませんね。ただ、はずすと光を強く感じて「あ、しんどいな」と思うのでおそらく効果はあると思います。強い光もずっと見ていると慣れてしまうのでしょうね。でも眠る前のブルーライトは目が覚めますね。夜は意識してかけるようにしています。

ちなみに、もともと私は仕事中はこの7、8年前からの保護のためにスクリーンカバー(プライバシーシート)を付けています。薄暗いシートです。そして画面自体の明るさも落としています。他の人が私のパソコンの画面を見たら「うわ、何これ、暗い」と言うぐらいです。iPhoneもiPadもMacも明るさを落として使っています。色を確認する時だけ、一時的に明るくします。

私は1日のほとんどの時間をパソコンを見て過ごしています。それを何十年も続けるとなると眼底に与える影響は大きいですよね。光を浴び続けると黄斑変性にもかかりやすくなると言います。こんなに目に負担をかける生活は人類の歴史の中でもごくわずか。その影響はこれから出てくるでしょう。できるだけ負担を軽減しておいた方が良いです。

店頭で軽いメガネに一目惚れZoff SMART Skinny

勤務先の病院でメガネ処方箋を作ってもらい、これを持ってメガネ店へ行きました。処方箋があるとメガネ店での視力検査は必要ありません。店頭で試着してネットで買いました。

ZoffとJINS!で試着して、Zoffを選びました。決めては軽さ。「軽い、柔軟、壊れにくい!」が売りの「Zoff SMART Skinny」にしました。店頭のポスターではリム(耳にかける部分)をぐーっと曲げているポスターが貼られていました。自分のメガネでは怖くてやれませんが、確かにリムは柔らかいです。耳への当たりも鼻にあたる部分もソフトです。全体的にも軽い。JINS!にはこの軽さ、柔らかさが無かったんですよね。Zoffの方が高かったけど、今回はこだわることにしました。

測ってみました。レンズ込みで14グラム。

もともと持っている軽めのメガネで22グラムです。

ネットでのメガネ注文は難しそうに思いますが、処方箋の数字を入力するだけなので簡単ですよ。下の注文書の度数の部分の数字がそれです。

リムのデザインは店頭で試着して、リムに書いてある商品コードをメモしてきました。このコードがあれば検索で簡単に見つかります。リムの調整はネットで購入したものでも、Zoffのメガネであれば店頭で調整してもらえます。

RebatesならZoffメガネもお得に買える

楽天市場の運営するRebatesというサイトから購入しました。各種ブランドの公式サイトから購入しても楽天ポイントがつくというサービスです。Zoffの公式サイトからそのまま購入するより得ですね。各種有名ブランドが提携していますよ。

サイトによって付与されるポイントは異なっていて、例えばAppleだと3%のポイントが付きます。公式サイトだと気分的に安心してお買い物ができるというメリットがあります。

今回は22,680円のお買い物でした。もともとは9000円のメガネなのですが、強度近視のためレンズが高くなり、さらにブルーライトカットのコストが加算されて、この金額になりました。度数のゆるい方はもっと安くで作れますよ。

2%のポイントバックで420ポイント初回購入限定ボーナスで500ポイント合計920ポイントを獲得しました。支払いは楽天カードを使ったのでさらに1%のポイントバックです。

届きました

うん、いいですね。やはり軽い。いつもだとレンズが入ると思っていたよりずっしりくるのですが、今回はレンズを入れても重さが気になりません。リムも柔らかくて、疲れにくい。付属のメガネ拭きもおしゃれですね。嬉しい。

付属のケースも軽い。58グラム。今まで買った他店のどのケースよりも軽いです。このケースならケースだけ余っても携帯用の小物入れとして使えます。メガネの形のつまみも可愛い。気に入りました。

やや高いお買い物でしたが、今回はこれで満足です。

ではまた。

Amazonでコンタクトレンズが買える

最近はコンタクトレンズがAmazonで買えるのですよ。便利ですね。眼科からの処方箋があれば簡単に購入できます。

左側の欄からメーカーを選んで、ベースカーブと度数を入力して購入しますネットで購入すると店頭に行って待たなくてもいいのが楽ですね。私もネットで購入しています。

ただし定期検診は必要です。目の異常を感じたらすぐに眼科受診しましょう。

Amazon shopping

なごみ
登録も簡単だし、安心の公式サイトで買ってポイントがもらえるのはお得。

楽天市場の運営するRebates(リーベイツ)がおすすめです。(対象商品と有効期限はRebatesサイトをご確認ください)

  1. Rebatesを経由してApple公式サイトで買うと3%の楽天ポイント
  2. このサイトからの登録でさらに500ポイント

 

 

▽ 詳しく見てみる ▽

Rebatesお友達紹介キャンペーン
スポンサーサイト

▼現金でギフト券チャージ、初回購入で1,000ポイント!
さらにチャージするたび最大2.5%ポイント貯まります。