パソコン・iPad入れ(袋)を作りました。ランチョンマットで25分。

今日はMacBook Proのケースを作りました。ケースと言うかただの「袋」です。軽く保護できたらいいと思って作りました。所要時間25分。このブログを書く方が時間が長いぐらいです。めちゃくちゃ簡単ですが、望んでいるものができました。



もともとケースは持っているのですが・・

MacBook Proのケースは持っているのです。ちゃんとクッションもポケットも付いて、しっかりしているのはいいのですが少し重い。リュックの中でかさばってしまう。以前はよく使っていたのですが、最近はもっと簡単な軽い袋が欲しいなと思っていました。

こちらはリヒトラブのsmart fitシリーズのポーチ。悪くはないのですよ。ただ、ちょっと近くまで行くにはしっかりしすぎている。加減が難しいですね。

しきりの無いめちゃくちゃ軽いリュックを使っているので、その良さを活かしたい。ちょっとカフェに出かけるのに、MacBook Pro入れて行く時に使いたいのです。リュックの中で他のものとガチャガチャ当たらなければ良いぐらい。しっかりしたのは持っているから、簡単な袋でいいんだけどなー。

やがてはパソコン収納がついたリュックに買い換えても良いかなとは思っていますが、今は袋で十分です。

簡単な袋を探して

手軽なケースを探して、ショッピングセンターをぐるぐる。クッションケースのようなものを探していましたが、探すとなかなか無いものですね。高かったり、サイズが合わなかったり。

ふと入った300円ショップで見つけたランチョンマット。あ、もうこれで作っちゃおうか。

ということで買ってきました。2枚で300円。

ちょっと大きめだけどまあいいか。

私の希望は

  • とにかく軽い
  • 他のものとガチャガチャ当たらないように軽く保護できたらよい
  • 出し入れが楽
  • お試しなので時間と手間をかけすぎない
なごみ
さて縫っていきます。

私は普段、お裁縫はほとんどしません。ボタンつけぐらい。ミシンは持っているのですよ。でも今回は時間もかけたくない。無駄に集中して時間をかけすぎてしまわないようにタイマーをかけて始めました。

なごみ
アレクサ30分測ってー

途中、タイマーあと何分?と確認しながら、ザクザク縫いました。3,4回玉止めをして補強しつつ、出来上がりはタイマー終了10分前。どう作るか考えてた時間も含めると、所要時間は全部で25分ほど。

出来上がり

縫い終わったところ。すごい、粗めの波縫いです。出来上がってから思いましたが、本当はもっと、細かく、出来れば戻り縫いした方が丈夫です。今度はそうします。

3辺、波縫いしただけです。

こんな感じです。アイロンかけようかと思いましたが、それさえもやめました。

やはり、ちょっと大きめでした。もう少しぴったりサイズが良かったな。でも、布を切るのも、ちょうどいいサイズに折り込むのも手間がかかるので、今回はこれでいいことにしました。

スナップボタンやマジックテープをつけてもいいかもしれませんね。でも出し入れ簡単なのでしばらくはこれで使ってみます。

開け口もざっくり。

活躍した待ち針の残骸です。

角はもっと丁寧に引き出せば出るのですが、保護になるので三角のままにしておきました。

帆布のような素材で丈夫だし、汚れたら洗えるし、何と言っても材料費は300円。可愛い柄がたくさんあったし、違う布でまた作っても良いかな。お裁縫上手な方に怒られそうなぐらい簡単です。

次に作るときは綿入りのクッション素材のものにしてもいいかな。

iPadだとこんな感じ

iPad入れにも良いです。iPadなら横に入ります。

半分に折ると安定します。

ランチョンマットって可愛くてお安いのが多いから、意外と色んな袋作るのに合っていそうです。

ちなみにここの300円ショップでは以前可愛い猫のエコバッグを買ってずっと愛用しています。猫グッズが豊富。猫好きさんが多いのかな。

猫ちゃんが旅行しているのですよ。猫村さんを思い出してしまう。

小さく折りたためる。

リュックのポケットに常備しています。

ではまた。


\4000円以上で500ポイント還元/