連休中に大掃除!洗濯機のカビ取りは毎年この時期に。簡単 においも一発で消えます。酸素系漂白剤で一晩つけおき。

みなさん洗濯槽のお掃除どうされていますか。私は毎年この時期、一気にカビ取りをやります。気持ちいいですよ!


[Sponsor]

 

毎年恒例 洗濯槽のカビ取り

今の時期にやっておくと1年持ちます。 色々専門の洗剤なども出ていますが、うちでは「酸素系漂白剤」を使っています。塩素系漂白剤よりもにおいもなくて使いやすいですよ。こちらの方が、カビもよくとれるような気がします。

私は、洗濯層のカビ取りを実は6年ほどしていませんでした。ある夏「洗濯ものがなんか臭う・・」ということでこの方法を試してみました。

結果、臭いがピタっと無くなりました。その前に塩素系のものでやっていたのに。浮かんできた汚れの量といったら・・・ひょえ~!って感じです。

ごみとりネットを外した時に見える洗濯槽の側面がピッカピカになりました。それから毎年やっています。翌年からは汚れはあまり出なくなりました。

 洗濯槽掃除のやり方

うちの洗濯機は一層式です。

▼こんなタイプ

f:id:yururimaaruku:20160502215609p:plain
  1. まず満タンまで水を入れます。
    出来ればお湯も入れた方がいいです。温かい方がカビ取り力が増します。
  2. 酸素系漂白剤500gをザバっと入れます。
  3. 「洗うモード」で少し回します。
    水の量が多いので飛び出さないように注意してください。そっと少しづつ回します。
  4. 一晩(できれば24時間)つけおきます。
  5. よく混ざるように、寝る前と朝にゴゴっ、ゴゴっと洗うモードで数回、回します。
    うちでは初回はこの時点で汚れが浮かんできました。

洗濯機に「槽洗浄」というボタンが付いている場合は、これを使ってもいいかと思います。私は満タンまで水をはりたいので手動でやっています。気を付けないと勝手に水を排水しようとするので要注意です。機種によって違いますので取り扱い説明書をよくご確認ください。

酸素系漂白剤は臭くなったバスタオルをつけ置きしても臭いがとれます。夏場は通常の洗濯の時にも酸素系漂白剤を入れています。

他の場所のお掃除には

換気扇とか重めの油汚れにセスキ、日常のお掃除に重曹、トイレやお風呂のお掃除にはクエン酸が大活躍です。

酸素系漂白剤、セスキ、重曹、クエン酸の大容量パックがお得

通販では大きなパックが買えます。大容量パックは店頭で買うよりもお得なことが多いです。重いものを自宅まで運んでもらえるのも助かります。

最近は、楽天市場でまとめ買いしています。今回は、酸素系漂白剤9kgとセスキ5kg。こちらのお店では酸素系漂白剤が小さいパックから大容量パックまで選んで買えます。保管場所を考えると9kgぐらいが私にはちょうどいいです。

▼NICHIGAはコスパ良いです。私の選んだ9kgだと、送料込みでも、キロ数で割ると1kg辺り300円ぐらいです。大容量だともっと安くなります。

これだけあれば、洗濯槽の汚れ落としはもちろん、日常のタオル漂白やお掃除にも1年ぐらいは気にせず使えます。酸素系漂白剤かセスキ炭酸ソーダを洗濯のたびに投入しています。タオルの臭いが気になる時にはつけおきすると消えますよ。

セスキ炭酸ソーダ、クエン酸、重曹も取り扱いがあります。

このサイズでこの値段。一度にまとめて買いましたが何年も持ちました。友達にもおすそ分けしたぐらいです。

強力油汚れはセスキ

セスキ炭酸ソーダはあさイチのスーパー主婦特集を見て知りました。もう有名ですね。初めて使った時は驚きました。油汚れがするっと取れます。ただ、これで炊飯器を拭いたら、塗装がちょっと取れてしまいました。やりすぎ注意です。皆さんはお気をつけください。それからセスキは割と手荒れします。気になる方は手袋をしましょう。

排水溝掃除にも使える

排水溝には重曹とクエン酸を一緒に入れるとシュワッと泡がでて、汚れが落ちます。塩素を使っているものより身体にも地球にも優しいお掃除が出来ます。

では、また。

スポンサーサイト

▼現金でギフト券チャージ、初回購入で1,000ポイント!
さらにチャージするたび最大2.5%ポイント貯まります。