読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりまあるく

~ システム管理者で主婦の私の暮らしの工夫 ~

本棚が楽しすぎるCafé Meal MUJIあべのハルカスを堪能しました。無印良品 今日のお買い物。

f:id:yururimaaruku:20170330195852p:plain

少し時間がとれたので、またCafe&Meal MUJI あべのハルカスへ行ってきました。このお店やはり良いです。他の無印良品よりも倍以上楽しめます。今日もしっかり堪能して帰ってきましたよ。

 

▼こちらは前回の記事です。

新MUJIカフェはかなり楽しい。Cafe Meal MUJI「無印良品 近鉄あべのハルカス」へ行ってきました! - ゆるりまあるく

 

<スポンサーサイト>

 

 

Cafeでチーズケーキ

まず冒頭の写真「本和香糖のチーズケーキ」とコーヒーを頂きました。チーズケーキが400円、セットコーヒーが200円で合計600円。

 

一瞬小さいなと思いきや濃厚でクリーミー、密度が高いチーズケーキです。食べごたえあります。

 

f:id:yururimaaruku:20170331044713p:plain

10時開店で到着したのが10時10分頃。一番のりです。

f:id:yururimaaruku:20170330201913p:plain

このお店には閲覧自由の本棚があります。前回は混んでいたので本を読む余裕はありませんでしたが、今日はお客さんも少なくゆっくりと見ることが出来ました。

 

このラインナップかなり優秀なんです。じっくりタイトルを見て思わず「やるなー」と言ってしまいました。かなりツボ。40分、じっくり本を読みながらケーキを楽しみました。

f:id:yururimaaruku:20170330202002p:plain

 

「これだけ本を楽しんだら 600円の元はとれる」と勝手なことを考えていたのですが・・・

 

読むだけでは済まず、結局本を購入してしまいました。

 

その3冊がこちら。

 

「暮らし上手の朝時間」

今の私に直球です。色んな方の朝時間の過ごし方が紹介されています。美味しそうな朝ごはんの写真や朝時間を楽しむ様子が素敵で、この本はもう、ストライク。

 

▼なんてったって朝活がマイブーム。始めて1ヶ月です。

朝活始めました。朝活実践のコツと考え方。ブログ1周年のお知らせ。 - ゆるりまあるく

f:id:yururimaaruku:20170330202052p:plain

 

「暮らし上手のパンとコーヒー」

美味しいパンの焼き方やジャムの作り方など・・。実はカフェインレス生活中ですが、休日や特別なおでかけの時には飲んでもいいことにしています。

f:id:yururimaaruku:20170330202438p:plain

 

「ホーローバットで作るうちのお菓子」

野田ホーローのバットで作るお菓子です。プリン、チーズケーキ、アイスクリームなどなど・・。これ見ながらだったら、簡単に作れそう。写真もきれい。

f:id:yururimaaruku:20170330202650p:plain

 

その他買いそうになった本

欲しかったけど我慢した本・・。あぶなかった。(笑)

 

この号の帯のキャッチフレーズは「夢中になればなんだってできる」「そのまんまでここにいてよし」。何かいいでしょ。

決して食べ物の本ばかりではなかったのですが、たまたま関心を持っただけ・・。(笑)

 

本屋へ行かなくても大丈夫

これらの本は無印良品の売り場でちゃんと売っています。例えば旅行用品の売り場には、旅行の本。服売り場にはファッション関連、収納用品のコーナーには収納関連・・というように関連する本が近くにあります。

 

デザインのコーナーが特に気に入りました。あと、旅行記のコーナーに「カーサの猫村さん 旅の手帖」があったのはポイント高かった。(かなりの個人的評価です)

 

▼カーサの猫村さんは3が特にお気に入りです。猫村さんが何故スカーフを着ているかは、読んでみてのお楽しみ。

 

その本のラインナップがかなり秀逸で見ているだけでも楽しい。あっという間に時間が過ぎました。売り場を何周も回ってしまいました。

 

そうですね・・、スタンダードブックストアのような感じです。伝わるかな。こだわりが感じられます。無印良品好きなお客さんが喜びそうな本が集められています。思わず何冊も買ってしまいそうになりました。

 

本だけでも足を運ぶ価値があります。私もまた時間を作って見に行きたい。

 

木育広場・コーヒーカウンター

今日はゆっくり店内を回れました。ぐるり回って新たな発見。MUJI Cafeの外にコーヒーカウンターです。ここにはフェアトレードコーヒー豆を使った、セルフ式のコーヒーマシーンがあります。

f:id:yururimaaruku:20170330200633p:plain

1杯100円。椅子に座って飲めます。Café&Meal MUJIの中では飲めません。Cafeよりも価格は安いのでコーヒーだけ飲みたい時にはこちらが手軽で良いです。

f:id:yururimaaruku:20170330195522j:image

(2017.4.23追記)昨日ここでコーヒーを飲んできました。レジかカスタマイズカウンターでコーヒー専用の木のコインを購入して、コーヒーコーナーのスタッフに渡してコーヒーを煎れてもらいます。浅煎りか深煎りから選びます。夫は深煎り、私は浅煎りでしたが普段カフェインレス生活の私は浅煎りがちょうど良かったです。酸味がある美味しいいコーヒーでした。

f:id:yururimaaruku:20170423063140p:plain

すぐそばの椅子に腰かけていただきます。ちょっと一休みして飲むにはちょうど良いです。お菓子のコーナーで購入したバームクーヘンと一緒に頂きました。

f:id:yururimaaruku:20170423063036j:image

 (追記終わり)

 

木育広場という子どもの遊び場があります。今日も木のおもちゃを使って遊んでいる子がいましたよ。

f:id:yururimaaruku:20170330204647p:plain

 

その他の売り場もディスプレイもきれいです。例えばアロマのコーナーは一面オイルやお香が並んでいて色とりどり、圧巻です。なんと60種類のアロマから選んだ香りをその場でブレンドしてもらえます。

今日の買い物

ここには500gから買えるこだわりのお米の量り売りコーナーがあります。食べたいお米を精米したてで購入できます。そのそばには、ご飯にあう商品が集められています。

 

今日はその中から2点購入しました。

 

自然薯ふりかけ

 f:id:yururimaaruku:20170330205514p:plain

自然薯栽培発祥の地、山口県柳井の大地で育てた自然薯がたっぷり入った梅じそ風味のふりかけです。サクサクもっちりした触感と自然薯の風味が特徴です。

 

f:id:yururimaaruku:20170330205555p:plain

醤油ベースの香ばしい味でした。梅の風味も良いです。

f:id:yururimaaruku:20170330205221p:plain

発酵ぬかどこ

このぬかはかきまぜ不要で、すぐ漬けられるぬか床です。そしてこちらは小袋で、追加用のものです。

f:id:yururimaaruku:20170330195610j:image

実は精米機を購入して出たぬかがどんどんと溜まっていて、ぬか漬けにしようと考えていました。

 

ぬかを一から作るよりはこういうものを足したら早く美味しく出来るかなという考えで購入してきました。どうなることやら・・。またレポートしますね。

 

空いていたのでCafeでブログ

Caféの中は無印良品店内で流れるあの優しい音楽が流れています。とても落ち着く非日常な時間を過ごしました。

 

周りに人がいなかったので、BluetoothキーボードとiPhoneを使って少しこの記事を書きかけました。まあ、こういうおしゃれな雰囲気だから、キーボードを出して記事を買いていてもあまり違和感はありません。

 

それにしてもこのキーボード使いやすいです。キーボードで入力すると予想変換が非常に優秀。めちゃくちゃ早いです。

 

▼先日記事に書きましたこういう感じです。

f:id:yururimaaruku:20170330210854p:plain

 

iPhoneとパソコンのiCloud連携 おすすめの技 まとめ - ゆるりまあるく

 

ランチタイムになる11時には、お客さんがどんどん入って来ました。慌てて引き上げました。

 

隙間収納を検討中

先日ご紹介したクローゼットです。左側に隙間があります。季節外のインナー類を種類ごとにジップロックに入れてしまっています。

 

奥のものが少し取り出しにくいのです。

f:id:yururimaaruku:20170331043903p:plain

「無印良品の引き出しを入れられないかな」と収納コーナーも見に行きました。

 

ちなみにサイズをメモするのが面倒なので、お店に行くときはメジャーを添えてスマホ写真に撮ります。

 

幅約17cm

f:id:yururimaaruku:20170331041914p:plain

 

高さ36cm

f:id:yururimaaruku:20170331042148p:plain

 店頭で探しました。「あった!やったー。扉の3cmを差し引いて14cmこれならぴったり!」と思いきや・・

 

残念。奥行きが37cm。

www.muji.net

 

今入れているクローゼットケースは55cm。クローゼットの奥行を生かすためには、もう少し奥行が欲しいところです。

 

ネットストアでもチェックしましたが、クローゼットケースは幅が広いものばかりです。もう少し狭い物もあったら嬉しいのになぁ。

 

需要はあると思うので、もう少し様子見することにしました。

 

※2017年4月23日更新しました。

 

関連記事

 

おすすめのカテゴリー