朝活始めました。朝活実践のコツと考え方。ブログ1周年のお知らせ。

朝活を始めてもうすぐ1年になります。ふとしたきっかけで始めた朝活でしたが、随分色んなことが変わってきました。

夜早く寝て朝早く起きる。これだけのことで1日の活力と気持ちが大きく変わるんです。

続けて分かった朝活実践のコツ

続けてきて分かった実践のコツをピックアップしてみます。

朝活のコツ

  1. 夜は何もしないと割り切る。(早く寝る)
  2. 光で起きる(冬は光目覚ましがおすすめ)
  3. とりあえずベッドから出る(冬はすぐに上着を着る。寒いと外に出る気がしなくなるため。)
  4. 体を動かす(脳を目覚めさせる)
  5. 無理しない
    (どうしてもしんどい時はもう一度寝る。寝るのも朝活のうち。ただしその日の夜も早く就寝する
    。)
  6. 先に出かける用意を仕上げる(先に着替えることで気持ちが切り替わる)
  7. 記録する(朝活でやったことを記録する)
  8. 楽しみをおいておく (ごほうび。例えば美味しいスイーツやコーヒー。楽しみにしている本・音楽など。)
  9. スマホやタブレットを寝室に持ち込まない。(持ち込むと寝るのが遅くなる。起きてもベッドで触ってしまってあっという間に時間が経つ。)
  10. 起き抜けに脳に影響を与えるものを見ない。朝は一番脳が整理されていてエネルギッシュなゴールデンタイム。何も考えずに一番やりたかったことに手をつける。脳に影響を与えるものとはスマホ(ツイッターや前日の結果など)外から気持ちが左右されるようなものを指します。
  11. 朝一番はなりたい自分をイメージする。今どんな暮らしをしていようと朝一番の自分だけの時間に何を考えるかは自由。意識することで1日の行動が変わります。
  12. 目標やなりたい自分を書いて毎朝見る。(本当に実現していっています。関連記事:ザ・コーチ人と比べないワクワクする目標の立て方

ざっとピックアップしてみました。気楽に無理せず楽しみながらやることが継続のコツです。次はそれぞれの内容を説明した記事を書きますね。

朝活を始めて1年

私はブログ作業や、片付けをすることが多かったです。少しづつ前に進むことで様々なゆとりが生まれました。朝活のおかげです。

この記事が「朝活を始めてみようかな」と思う方のヒントになれば嬉しいです。

私が実践してきたこと

  • ブログ
  • 英語学習
  • 読書
  • プログラミング学習
  • お弁当作り
  • ランニング
  • 1駅手前の駅で降りて歩く
  • どこか1カ所片付けをする(キッチンの引き出し・クローゼットなど)
  • 花壇の手入れ
  • 駐車場の掃除
  • その日一日やりたいことのリストアップ
    (向かっている方向を確認する)
  • 早めに会社に行ってみる

その他おすすめの朝活

  • 趣味を極める
  • 朝活ミーティングに参加してみる
  • スポーツクラブに行く
なごみ
2019.1.9に追記・更新しました。朝活2周年目指して継続中。さて、ここからは私が朝活を始めた頃(2017.3.2)の様子です。私もこんな感じで始めたんですよ。

↓     ↓     ↓

始めた時の記事

おはようございます。ブログ1周年のなごみです。今日から朝活を始めました。朝活とは「朝早く起きて朝の時間を活用する」ことです。最近よく聞きますね。自分が始めるとは思っていませんでした。

今この記事を朝出かける前に書いています。朝食を済ませ出かける用意まで完了しました。あとは鞄を担いで家を出るだけ。45分ブログの時間がとれました。

今日は、朝活を始めた感想とブログについて思うことを書きます。

朝活始めました

朝活始めました。朝活実践のコツと考え方。ブログ1周年のお知らせ。

スタートの様子

私は7時には自宅を出るので4時半に起きることにしました。(そんなに早く起きなくてもいいですよ。30分でも1時間でも構いません。できる範囲で大丈夫。)

前日帰宅。即夕飯、片付け、お風呂。→21時就寝→朝4時スッキリ起床→着替え。家を出られるところまで用意。→(思いついたことをノートに書きながら。この記事もこのメモを元に書いています。)→お弁当作り→朝ごはん→鞄にセット

今ココです。残り45分。

本日のお弁当です。いつもより少し多めに出来ました。

朝活で用意したお弁当

コーヒーとドーナツまで食べてしまいました。

目標は1時間ブログの時間を取る事でしたが、少しオーバー。これのせいだ。

朝活コーヒーほっと一息

残った時間は自由時間、そして元気な身体とスッキリした頭。これなら、 ブログだけでなく好きな本を読んだりしてもいいかな。ヨガもいいな。楽しみながら続けられるように工夫しようと思います。

モーニングページにじっくり取り組むのもおすすめです。

モーニングページ カテゴリーの記事一覧 – ゆるりまあるく

朝活のメリット

やりながら気付いたことです。

・落ち着いて今日1日の事を考えられる。心の余裕が生まれる。

・「出かける時間」という本気のタイムリミットがあるので集中出来る。夜はついオーバーしてしまう。

・朝だから色々やってもしんどくならない。

・前向きで頭が良く働く。アイデアは朝の方が浮かぶ。

・朝慌てないから忘れ物をしなくなる。

・家にいる時間を前向きな気分で過ごせる。(同じこと考えても夜より朝の方が明るく考えられる)

夜は何もしないと決める

家にいるとつい「何かやらないと」という気持ちになります。これを思い切って翌朝にまわす。ネットサーフィンも控える。

時間をシフトさせるだけで、使う時間は同じです。いつも夜は疲れた身体で「あーあれもしたい、これもしたい」。なのに時間切れでした。家にいて起きている時間のうち、元気で過ごす時間が長くなり効率が良くなります。シフトさせる事で時間の価値が上がります。まるで1日を25時間に増やせたような得した気分です。

光と音で優しく起こしてくれる光目覚まし時計は朝活の強い味方です。

2018年1月28日

課題は夕飯

寝る時には消化されて胃にものが無い状態がいいといいますね。平日は夕飯をとってから就寝までの時間が短くなるのでこれが課題です。やってみて気付きました。夕飯は消化しやすい軽いものにして、朝にしっかりとるようにするのが良さそうです。検討してみます。

9時就寝の4時起きだと7時間睡眠になります。色々試してみて私の場合7時間半睡眠が調子良いと分かりました。

iPhoneアプリで睡眠記録をとってみるのもおすすめ。

Sleepcycle

光と音で優しく起こしてくれる光目覚まし時計は朝活の強い味方です。

2018年1月28日

朝活やお昼寝の目覚ましにもおすすめ。バイブで知らせるキッチンタイマー。

2017年6月20日

やる気と集中力を引き出す キッチンタイマー活用法 家事にも使えます

2016年3月29日

がんばらない朝活。順序を入れ替えてるだけだから楽なんです。

2017年9月2日

頭痛を防ぐ習慣。私が実践しているすっきり目覚めてよく眠るコツ。

2017年4月22日

朝時間に料理しながら考えた「順序」と「置き場所」と作業効率のこと。

2017年4月20日

ザ・コーチ☆人と比べないワクワクする人生の目標の立て方

2018年1月29日

▼こちらはお気に入りの本。Kindle Unlimited会員(1ヶ月登録無料)で読めます。→


\4000円以上で500ポイント還元/