新MUJIカフェはかなり楽しい。Cafe Meal MUJI「無印良品 近鉄あべのハルカス」へ行ってきました!

こんにちは、大阪在住のなごみです。先日、無印良品 近鉄あべのハルカス(JR天王寺駅すぐ)へ行って行きました。週末は行列が出来ていることが多くいつも素通りしていましたが、ふと通りがかった土曜日3名だけしか並んでいなかったので入ってみました。


[Sponsor]

17店舗目のCafé&Meal MUJI

2016年11月にできたお店です。無印良品の店舗全体は1500㎡と大型店舗です。カフェやフリースペースが併設されています。Cafe&mealとしては全国17店舗目だそうです。

f:id:yururimaaruku:20170305170056p:plain

あべのandに入っていたMUJIカフェが無くなり、広くなってハルカスへ移動してきたという感じです。

 国内のCafé&MealMUJIでは初のテーブルオーダー方式を採用し、出来立ての料理を席にお届けします。

プレスリリースからの引用です。ホールのスタッフがいて、注文聞きにきてくれて、お料理も運んでくれるという方式。何となく画期的みたいな書き方のような気がしますが、えっと・・これが今までの飲食店の方式なんですけどね・・。

▼無印良品のプレスリリース

「無印良品 近鉄あべのハルカス」オープンのお知らせ | ニュースリリース | 株式会社 良品計画

店内は64席。ゆったりとしています。席の間や雰囲気はいつも行くなんばのMUJIカフェと同じようなゆったりとした感じです。並び初めて10分ほどでスタッフの方が席へ案内してくれました。

並んでいる間にずっと見ていた看板。この裏側がランチメニューでした。11時30分頃だったからそろそろひっくり返してもいい頃だったかも。いつものMUJIカフェメニューです。

f:id:yururimaaruku:20170305161728p:plain

メニュー

食事メニューはこちらです。A4のコピー用紙が数枚、目玉クリップでとめてありました。さすがMUJI、シンプルです。ちょっとヨレヨレになっていましたけど、それも良さげに見える、そこはMUJIマジック。

f:id:yururimaaruku:20170305162433p:plain

一汁三菜のセット

温菜1品、冷菜から2品選ぶ+白米(または十穀米)+味噌汁 950円

一汁四菜のセット

温菜1品、温菜(小)1品、冷菜から2品選ぶ+白米(または十穀米)+味噌汁 1200円

おかずは他のMUJIカフェではショーケースから選ぶところ、このペーパーの中から選びます。

白米

他のMUJIカフェではパンが選べましたが、ごはんのみでした。セットのパンはとても美味しいのでいつもパンを選んでいたのですが、残念です。MUJIカフェ初めてのごはんの選択です。

メニューからの引用ですが、実はとても貴重なお米を使っているそうです。

白米は、兵庫県産蛇紋岩米(じゃもんがんまい)を使い、毎日店内で精米し、無印良品の土鍋おこげを使って炊いています。

蛇紋岩という岩が長い年月をかけて風化し、体積した土壌にはミネラルが多く含まれ、ここで育ったコシヒカリのみが”蛇紋岩米”と呼ばれます。ひと粒が大きく、ふっくらやわらか。

口に入れると程よい粘りと甘さが感じられます。兵庫県養父市周辺でしか取れないお米です。

この無印良品の店舗の物販のコーナーの特徴的なところがお米にこだわる、また、和食関連のコーナーがあることです。お味噌やこだわりの和の乾物、ドレッシングなどがあってとても楽しいです。カフェコーナーでもこの米に対するこだわりを取り入れているのですね。

・米の量り売り

8つの品種のお米を玄米でストックし、500グラム単位で販売します。ご希望の品種と量をお選びいただいたあと、玄米のまま、もしくは3分、5分、7分、白米のいずれかの度合いで、その場で精米することも可能です。購入時には、食の専門販売員が品種ごとの特長を紹介し、料理に合ったお米を選ぶサポートをいたします。

・米をキーワードにしたセレクト商品

炊き立てのごはんに合うちょっとしたおかずや、糀、出汁、お米を使った調味料など、「米」をキーワードにした食品の中から素材や製法で選りすぐった約90アイテムを、日本全国から集めてきました。

(プレスリリースより)

土鍋おこげ

待っている間に土鍋おこげの説明を読んでいて、土鍋おこげが欲しくなりました。木のおひつと同じ通気保温効果って魅力的です。

“土鍋おこげ”は荒くて空気を含んだ耐火粘土を使った肉厚なつくりで、熱がじんわりと伝わり炊飯に理想的な構造です。蒸らしている間に追い炊き効果が加わって、おいしいごはんとおこげができます。土釜は木のおひつと同じ通気保温効果があるので、冷めてもごはんがべとつかずおいしく召し上がれます。

▼これです。

一汁三菜のセットにしました

f:id:yururimaaruku:20170305163051p:plain

優しい感じの和食のメニューです。おなかはしっかり満たされましたよ。男性だと少し足りないかもしれませんね。土鍋で炊いているというごはん。いや、本当に確かにふっくらとして美味しかった。メインはから揚げ、ボリュームありましたよ。

きびなごにお酢で味付けしたものです。さっぱりして食が進みます。

f:id:yururimaaruku:20170305165429j:plain

白菜とひじきと豆のサラダがさっぱりとしていて、良かったです。ドレッシングかな、和えている味がとても気に入ったのですがこれ売っていたら買って帰りたいという味でした。

f:id:yururimaaruku:20170305165434j:plain

待っている間に本が読める

私が案内されたのは一番奥の壁際の席でした。ちょうど前に本棚があり、いい雰囲気でしたよ。 こだわりのセレクトだそうです。本を手に取る余裕はありませんでしたが、興味深いものもありましたよ。今度行ったらゆっくり読んでみようと思います。

女性の友達連れ、また女性一人での利用も多く見られました。

f:id:yururimaaruku:20170305170852p:plain

ガラス張りなので中からも外からも丸見えです。まあレジ前なので誰ものぞき込んだりはしなかったので気になりませんでした。オープンな雰囲気です。

f:id:yururimaaruku:20170305170812p:plain

デザート

食事だけしようと思っていたのに、待っている間にメニューを見ていたらデザートも食べたくなりました。入口の看板がサブリミナル的に働いたものと思われます。

f:id:yururimaaruku:20170305170327p:plain

裏はドリンクです。他のMUJICafeと同じメニューでした。

f:id:yururimaaruku:20170305063616j:plain

注文したのはこちらです。焼きプリン。

f:id:yururimaaruku:20170305170407p:plain

スイーツはいつもこれを頼んでしまいます。生クリームが合うんですよね。ボリュームもあります。今度来た時は、チーズケーキにしようと思っていたのに・・つい。

f:id:yururimaaruku:20170305170513p:plain

MUJICafeのスタッフさんは丁寧でとても感じがいいですね。気持ちよく過ごせました。おなか一杯でゆっくりできて、いい時間が過ごせました。

ふと振り返ったら、20人の行列が出来ていて驚きました。やはり人気ありますね。

また来ようと思います。

▼再度訪問しました。

www.yururimaaruku.com

スポンサーサイト