\GoToトラベル実施中 【最大50%お得】楽天トラベル/

Apple Watchから音声でサクッとリスト登録するコツ

思いついたアイデアやTo Doは、主にApple Watchから音声でリマインダー登録しています。登録する時にグループ化しておくと整理が楽です。登録のコツをご紹介します。

目次

やり方

STEP
事前準備:iPhoneのリマインドでマイリスト(グループ)を作る
  • リマインダーを開き、右下の「リストを追加」から入れる先の箱、
    マイリスト(グループ)を作成します。
  • 音声認識しやすい名前にしておくのがコツです。
    私がよく使うのは「To Do」と「買い物」です。
    ⭐︎ちなみにToとDoの間は半角スペースを入れるのがポイントです。
STEP
Apple Watchのサイドダイヤルを長押ししてSiriを起動

Siriを起動する方法は複数ありますが、一番やるのがこの方法です。

その他 主な起動方法

  • Apple Watchの待ち受け画面に「Siri」アイコンを入れておいて、タップで起動
  • iPhoneのホームボタンを長押し(SEなのでボタンがある)
  • Hey Siriと呼びかける
STEP
Step1で作成したリスト名で音声登録する

(マイリスト名)リストに○○を追加」と言います。

例えば、お料理中に「買い物リストに蜂蜜を追加」と言った感じです。

家事中や外出先でも、すぐ登録できるので思いついたことを忘れません。メモ帳に書くより断然早いです。

一発で認識させるには

  • リストというキーワードを入れる
  • マイリスト名)の部分は分かりやすい(音声認識しやすい)グループ名にしておく のがコツです。

うまくいくとこのように応答が返ってきます。

なごみのアイコン画像なごみ

ボタン押して話すだけで、サクッと入ると気持ちいい。

リスト(グループ)には色とアイコンを設定しておくのがおすすめ

リストはフォルダのようなものです。色とアイコンが設定できます。Apple Watchで見た時も色分けされているので、見た目にパッと認識できておすすめです。

こちらがApple Watchの画面です。

買い物リストはオレンジのカートマーク」と覚えているので、すぐ探せます。特にApple Watchから見られる買い物リストはスーパーの買い回り中には重宝しています。

これはリストを作成する画面で設定できます。

数字はグループに登録されているリマインダーの数です。タップすると詳細が表示されます。

登録する時に同時にリストに入れておくと、分類されているのでごちゃごちゃしません。時間がある時にiPhoneやApple Watchを眺めてチェックします。例えばレジに並んでいる時や、ちょっとした空き時間ができた時にチェックしています。

特にTwitterやニュースに手が伸びそうになったら先にリマインダーを開くようにしています。すぐできそうなことを思い出して、短い時間を有効に使えるようになりました。

もちろん買い物リストだけでなくて、その他、何かアイデアや忘れたくないことをパパッと入れています。今、私のリストグループは10個以上あります。

リマインダーは階層化できる

ちなみにリマインダーは階層化できます。

こちらはiPhoneの画面の一部です。ドラッグストアというリマインドの中に買うものが、まとめられていますね。

リスト(グループ)は並列なのですが、その中に入れるリマインダーは指で指でドラッグすると2段階に階層化できます。これはiPhoneやiPad、またはMacから操作するのがやりやすいです。

例えば、買い物リストの中で買うお店が決まっている時なんかは、お店の名前でまとめておくと便利ですね。

私は手間をかけたくないのでそこまではしていないのですが・・・。

なごみのアイコン画像なごみ

リマインダーの音声登録のコツ、まだの方はぜひお試しください。

では、また。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

\ 要チェックです /

Author

「ゆるりまあるく」はシステム管理者で主婦のなごみの「暮らしの工夫 」や暮らしを楽しむ実践を等身大でお届けするブログです。
2020年4月で4周年を迎えました。
色々書いていますので、どうぞゆっくりお読みください。twitterでもちょこちょこつぶやいています。

★なごみのプロフィール

★姉妹サイト★
「実践で使うExcelとAccessの話」

目次
閉じる