Apple Watchオリジナル待受画面の作り方。好きなアプリを盛り込もう。

Apple Watchで好きなアプリを盛り込んだ自分だけのオリジナル待受画面を作る方法をご紹介します。待ち受け画面にセットしてワンタッチで好きなアプリを起動できますよ。Apple Watch対応のアプリをiPhoneにインストールさえしておけば、Apple Watchだけでできちゃいます。

飽きたら横スクロールで他の画面にすぐに切り替えられます。例えば私は仕事と休みの日で待受画面を切り替えています。仕事の日でも通勤中や休憩中で使い分けたりもできます。一度セットを作っておけば良いのです。

なごみ
簡単なのでぜひ試してみてください。

[Sponsor]

 

オリジナル待受画面の作り方

1 待受画面を軽く強く押す

待受画面を表示した状態で軽く強く押します。押しすぎないように注意。

2 横スクロールして「モジュラー」を表示する

横スクロール(スワイプ)すると画面が選べます。モジュラーが出たらストップ。

3 カスタマイズをタップ

画面下にある「カスタマイズ」をタップします。

4 文字盤の色を選ぶ

初期設定では「マルチカラー」がが選択されています。本体右側のデジタルクラウン(大きなネジ)を回して色を選びます。今回はイエローを選んでみました。

5 右にスワイプ

画面上に丸ポッチが2つありますね。この画面ではまだ右側に設定画面が存在していることを表しています。右にスワイプしましょう。

6 各枠に表示するアプリを選択する

初期状態では中央には何も設定されていません。

緑色で囲まれているところが現在選択されている部分です。設定したい枠をタップして本体右のデジタルクラウンを回すとアプリが切り替わっていきます。ここはApple Watchにインストールされているアプリの中から選択することができます。インストールされていないアプリの場合どうするかについては下で解説しますね。

真ん中にはすぐ音楽を聞き取りたいので、大好きなSHAZAM。

他の枠も設定します。私はタイマーをよく使うので右下に入れておきました。

下中央にはお気に入りのEVERNOTE。アイデアが浮かんだらすぐに音声でメモをとります。

好みのアプリがセット出来たら、デジタルクラウンを押して画面を1回タップして完了です。または10秒ほど放置しておいても同様に完了します。

Apple Watchにアプリをインストールするには

1 Apple Watch対応のiPhoneアプリをiPhoneにインストールする

2 iPhoneのWatchアプリを起動する

画面下のメニューで「マイウォッチ」をタップして下へスクロールしてみてください。「Apple Watch上にインストール済み」の中にアプリが表示されているはずです。

もし入っていない場合は、さらにスクロールすると「利用可能なapp」の中に含まれてるかもしれません。一度インストールしたもののApple Watchから削除した場合にここへ入ってきます。インストールをタップするとApple Watchにもインストールされます。

なごみ
Apple Watchは設定次第でどんどん便利になります。お気に入りのオリジナル画面を作って楽しんでみてください。

 

スポンサーサイト

▼現金でギフト券チャージ、初回購入で1,000ポイント!
さらにチャージするたび最大2.5%ポイント貯まります。