やる気と集中力を引き出す キッチンタイマー活用法 家事にも使えます

休みの日。ついつい「だら~っ」と過ごしてしまいそうな時ってありますよね。休みだからそれでもいいのですが、困るのはそれでいて「あー家事がたまっている~」という時です。洗濯物もたくさんあるし掃除もあるし、そういう時に限ってやる気がおきない。

あさイチで紹介されていた10秒お掃除

先日NHKあさイチを見ていたら「10秒お掃除」というものが紹介されていました。

やることがたまりすぎている時って、対応ができなくなり自分で情報をシャットダウンしてしまうそうです。不感症になるという感じです。

そういう時は、とりあえず「毎日10秒だけお掃除する」と決めると良いそうです。そうすると、無心になるそうです。

番組内容がこちらに要約されています。

あなたもいかが?“禅”に学ぶシンプルライフ |NHK あさイチ

私の場合は「キッチンタイマー」を利用しています

これを見て、日ごろ私が活用している「キッチンタイマー」の事を思い出しました。

愛用しているのはこちらです。

f:id:yururimaaruku:20160327080729p:plain

このキッチンタイマーの良いところは単4電池が入れられるところです。私はエネループを入れています。ボタン電池って買いに行くの割と面倒なんですよね。

f:id:yururimaaruku:20170618064547j:image

▼おすすめ。こちらは便利な10分ボタンがあります。

使い方はこうです。

1.とりあえずキッチンタイマーで15分または10分セットして

カウントダウンします。

2.そしてとりあえず1つだけ家事をする

・・・それだけです。

何にも考えずにやる。洗い物、洗濯、掃除機など、1つだけ。

何でも良いですよ。

キッチンタイマーが時間をカウントダウンしてくれると、なぜか「その時間内にやろう」って思ってしまうのです。ゲームのような感覚になります。

そして5分セットして休む。また10分セットしてまた1個。

あ、8分で終わった。

残り2分でちょっとここのテーブル拭きまでいっとこう・・やった!間に合ったー。

なんて。こんな事を一人でやっています。

時間って区切ると生き生きとするんです。急に「輝き始める」と言うんでしょうか。

バイブレーションタイマー

ところで昨日新しいキッチンタイマーを注文しました。バイブレーションで通知してくれるものです。

職場では昼食後に15分睡眠をとっているのですが、休憩室が静かで音が出るものは使えないのでこれを買いました。ポケットに入れて区切りをつけながら仕事をするのにもいいかなと思っています。

単4電池が入れられるのが魅力です。

タニタのものと非常に迷いました。タニタの方はデザインがすっきりしていていいのですがボタン電池なんですよね。バイブだと更に電池の減りが早いような気がして結局上のパール金属のにしました。

しかしパール金属の方の黒いストラップはもうちょっとすっきりしたのにして欲しい。おそらく付け替えると思います。白が好きなのですが白はすぐに黄ばんでしまうというレビューがあったのでブラウンにしました。

時間上手の暮らし方の本がお気に入り

キッチンタイマー活用法は、この本の中で紹介されていたものです。

時間上手の暮らし方

f:id:yururimaaruku:20170225235927p:plain

持たない暮らし

金子由紀子さんの本は大好きで愛読しています。私はこちらを最初に読みました。

初めてこの本を読んだ時は目から鱗でした。持たない暮らしですっきりと暮らす工夫がふんだんに紹介されています。

金子さんの人柄が優しくてとても親しみが持てました。ミニマルライフを始めたい皆さんにもぜひおすすめしたい一冊です。

「持たない暮らし」

f:id:yururimaaruku:20160329055818j:image

ものに対する考え方や時間の使い方など、ただミニマルに暮らすコツだけでなく、その背景にある考え方も共感できます。読んでいるだけで頭がすっきりとしてきますよ。

朝活とタイマー

朝活でもキッチンタイマーを活用しています。起きたら服を取り出すついでにクローゼットの片づけをしています。タイマーは5分。Siriに測ってもらっています。

朝活でのちょこっと片付けは毎日継続できているのですが、このコツは5分でやめることです。もうちょっとやりたいなと思うところでやめる。毎日の負担が小さいから翌日も気軽に続けられます。これを完全に長時間やりきってしまうと朝から疲れてしまいます。5分ぐらいがちょうどいい。

クローゼットや引き出しなどの朝のちょこっと片付け。おすすめです。

 

スポンサーサイト