【初心者向け】簡単 twitter(ツイッター)のタイムラインをはてなブログに埋め込む方法

先日このブログにtwitterのタイムライン(自分のつぶやき)をサイドバーに埋め込みました。他のブログを見ていいなぁと思い、やり方を調べてみました。

手順は分かれば簡単ですが、分かりやすく書いてあるサイトが見当たらず最初戸惑いました。自分でも 数日たつと忘れてしまってたりするぐらいです。というわけで、備忘録がてら記事に書きました。

(twitterは現在コンテンツが増えたので現在は表示していません)


[Sponsor]

twitter公式サイト

公式サイトはこちらです。

埋め込みタイムライン — Twitter Developers

「埋め込みタイムラインをウェブサイトに追加する方法」という項目に記載があります。最新の詳しい情報はtwitter公式サイトをご参照ください。

ただこちらのサイトは、詳しすぎて読むのが大変ですので、おおまかに手順をまとめてみました。

twitterウィジェットをサイドバーに入れる手順

 1.まずtwitterへログインする

 2.まずこちらへアクセス

https://twitter.com/settings/widgets

▼こんな画面が出ます。

ユーザー名などを入力して「新規作成」→「リスト」をクリック。

f:id:yururimaaruku:20160617062754p:plain f:id:yururimaaruku:20160617062922p:plain

枠内にあなたのtwitterのアドレスを入力します。

見本は私のアドレスです。

yururimaarukuの部分をあなたのアカウントに変えてください。

次に入力欄の横の矢印をクリックします。

すると以下のメッセージが表示されます。

f:id:yururimaaruku:20160617063247p:plain

copy codeの左の文字列をクリックして

このコードをコピーします。

3.自分のブログにコードを埋め込みます

自分のブログの設定画面から

デザイン→カスタマイズ(スパナのマーク)→サイドバー→モジュールの追加→左側を下にスクロールして→htmlを選びます。

上の枠にタイトルを、下の枠にtwitterからコピーしてきたコードを貼り付けます。

(スクリーンショットがなぜか取れませんでした)

「適用」をクリックします。

サイドバーの項目は右側の三のマークを上下にドラッグすると、上下入れ替えができます。

デザイン画面の「変更を保存する」のクリックを忘れないでください。

するとブログにtwitter画面が埋め込まれているはずです。

twitterは記事を書くにも役立ちます

記事を書くのは結構大変ですが、twitterだと短くていいから気軽に書き込めます。自分でもブログとtwitter画面両方いっしょに見られて便利です。

とりあえずメモ代わりに気軽にtwitterに書き込んで、これらがまとまってきたら記事にしています。自分のタイムライン見ていてアイデアがわくことも多々あります。

良ろしければお試しください。

twitterのつぶやきを記事に挿入する手順

記事本文の中に自分または他の方のつぶやきを挿入する手順です。

1.まず、はてなブログの管理設定→アカウント設定→外部サービス連携で

あなたのtwitter IDを登録します。

2.はてなブログの「記事を書く」画面の右側にあるメニューからtwitterのアイコンをクリックします。

するとtwitterのつぶやきが表示されます。

「自分」「お気に入り」「タイムライン」とタブを切り替えるとつぶやきの表示も切り替わります。このツールは見やすくてとても便利です。

f:id:yururimaaruku:20160613215854p:plain

3.つぶやきをクリックして選択すると「選択したツイートを貼り付け」というボタンが下に現れます。クリックすると記事本文につぶやきが挿入されます。

簡単で便利ですので、ぜひご活用ください。

その他 記事

シェアボタンのカスタマイズ

このブログではTwitterのSNSシェアボタンもカスタマイズしています。

その時の注意点を別の記事にまとめました。よろしければご覧ください。

Twitterのエゴサーチで見落とさない方法。カスタムシェアボタンにブログ名を挿入する。 – ゆるりまあるく

スマホサイトにTwitterアカウントを表示する

Twitterをフォローしてもらうのも大事なことです。フォローボタン入っていますか。

はてなブログ スマホサイトにTwitterアカウント入っていますか。ぜひ入れることをおすすめします。 – ゆるりまあるく

お役に立てれば幸いです。

ではまたお会いしましょう。

スポンサーサイト