はてなブログ 独自ドメインへの変更の影響とこのブログ内の広告について。

このブログの独自ドメインやアクセス解析、広告についてのお話です。これらはつまりブログの収益化に影響してくる項目です。記事が充実してきたら取り入れてみてはいかがでしょうか。


[Sponsor]

独自ドメインへの変更

独自ドメインに変更するか否か

このブログは2016.3.1に開始して、2016.5.14に独自ドメインに変更しました。独自ドメインとは、はてなブログのアドレスではなく自分自身で取得したアドレスのことです。

これに変更した方がいいかどうかは、賛否が分かれるところです。

一番大事なのは検索エンジンからの評価です。検索エンジンは表示順を決める時に各サイトを評価しています。アクセス数や他サイト(ホームページやブログ、ツイッター、フェイスブックなど)からの被リンク(どれだけリンクをされているか。つまり参考資料として挙げられているか)など様々な項目で評価しています。

これらは基本URL(アドレス)に対して記録されます。URLを変更する時は慎重にしないといけません。ともすると蓄積してきた評価を減らしてしまうことにもなりかねないからです。

サイトを一塊として束ねるドメイン部分(このブログならhttp://yururimaaruku.com)にはサイト全体の評価が蓄積されているので特に重要です。

検索エンジンで1ページに表示される同一ドメインの数は限られているそうです。説によると3つまでとか、そうではないという人もいます。独自ドメインではないはてなのドメインはhatenaなんとかとなり、はてなブログ同志で競合するという可能性があるそうです。

万一はてなブログが無くなったり、または自分のドメインがペナルティを受けるといった時にはてなブログが続けられなくなった場合でも、それに関わらず自分のURLを使っていけるというメリットがあります。そうはいっても、仮にはてなブログが使えなくなったとして今の自分のブログがスムーズに移せるかというとそれはそれは大変な手間だと思いますが・・。

はてなが無くなるなんてことは、あまり考えにくいですが、あるとしたら引越とかでしょうか。検索エンジンにしてもはてなのドメインパワーは大きいと言われますので、自分の独自ドメインのパワーがいかほどなのか、自分の力で勝負するということ??と・・やる前はとても不安でした。

 

2017.11.11追記

2017.9.25はてなブログからワードプレスに移転しました。独自ドメインに変更していたのでドメインのパワーの問題は心配せずに済みました。そういう点では早めにやっておいて良かったなと思います。

あと、注意点ですがドメイン取得する時にはWhois代行にチェックを入れるのを忘れずに

▼こういう感じでチェックを入れるだけ。

Whois代行とはサイトの所有者情報を代行してくれるサービスです。個人情報を公開せずに済みます。これ、やるとやらないとでは大違いですからね。絶対注意してください。先日スマホから申し込もうとしたらこのチェックが見当たりませんでした。知らなかったら気付かずに手続きをすすめてしまうところでした。念のため申し込みはパソコンからをおすすめします。

 

私の場合

当時正直よく分からなかったです。ずっと悩んでいましたが、考えるのが面倒になってやってしまいました。アクセス数の減少は多少あったかもしれませんが、よく分かりません。1日のアクセス数を見返してみたら、少ない時で300、多いときで2700と振れ幅が大きくてあまり参考になりません。この頃は毎日記事を書いていたのでその内容に左右されています。ブックマークが多数付くと一気にあがるのです。

独自ドメインをとるってつまりブログのURL(住所)が変わることなんです。色々手続きが面倒ではあります。

一時的にはアクセス数は落ちたような気はしますが、1ヶ月ほどたつと元のアクセス数よりも伸びました。

変更時に参考にしたサイト

いずれやるなら早い方がいいです。独自ドメインに変更するには色々な手順があります。分かりやすく丁寧にまとめられている記事です。非常に参考になりました。

【はてなブログ】独自ドメインの変更から変更後にやることまとめ – ハンバート友幸の庭

はてなブログPROで独自ドメイン取って1ヶ月後の変化と取得時にやることリスト – 心に火を、指先にペンを

▼独自ドメインは「お名前ドットコム」でとりました。自分の取りたいドメインが取得可能かどうか検索できます。

お名前.com

だいたいが初年度は安く設定されています。2年目以降の継続費用は「.」以降のワードで変わります。初年度が安くても2年目以降が高いドメインもあります。料金表、要チェックです。
ドメインの種類と料金|お名前ドットコム

リンク切れはおきない

はてなブログが301リダイレクトという処理をしてくれるため、自動的に新しいドメインのURLにアクセスさせてくれます。ですのでリンク切れは心配ありません。はてなスターやブックマークもそのまま引き継がれました。

広告について

このブログでは最小限にしています。自動的に表示されるタイプのものがメインです。手動で追加するものは自分で利用して良かったものや役に立ちそうだと思ったものに絞っています。

まず紹介したい商品やサービスありきで、アフィリエイトがあればリンクさせています。

このブログで使用している広告

Googleアドセンス

コードを書き込んでおけば、Googleが自動で広告を表示してくれ、クリック数に応じて収益があがります。そのためメンテナンスが非常に楽で、記事を書くことに集中できます。ただし単価は低めです。

オンライン ビジネス – ウェブサイトの収益化 | Google AdSense – Google

Googleアドセンスには審査があります。このブログを始めて19日目に通過しました。今は当時よりも審査が厳しくなっているそうです。

はてなブログ初めて19日目。Google Adsense(グーグルアドセンス)の審査通過しました。 

Googleアドセンスに通過したらGoogle Publisher toolbarを使用されることをおすすめします。

【Googleアドセンス導入している方向け】Google Publisher toolbarアドオンを追加して良かったこと 

バリューコマース

「おまかせ広告」が良いです。Googleアドセンスのように自動で色々な広告を表示してくれるものです。Googleアドセンスを複数同じページに入れていると、同じ広告が表示されてしまうことがよくあります。これを防ぐために一部をバリューコマースにしています。

このブログの記事下の2つ並んだ広告がそうです。左側がGoogleアドセンス、右側がバリューコマースです。見た目には分からないでしょう。この方法おすすめです。

さらに、このサイトではセルフアフィリエイトというメニューがあって自分で購入したものにも報酬が付きます。ちょうど欲しかったものがこの中で見つかるとラッキーです。

バリューコマース

公式サイト内のメニューから「広告の作成/管理」から「おまかせ広告」をクリックします。はてなブログで設置するにはjavascriptと広告タグの両方をコピーして続けて貼り付けたい場所にはります。

Amazonアソシエイト

Amazonのアフィリエイトです。商品ごとにリンクを挿入します。紹介した商品が売れるとごく一部ですが、紹介料があがります。気に入って紹介したい商品がAmazonにあればついでにリンクをはっています。商品の写真も挿入されるので読者にどういう商品か伝えられるのでそういう意味でも助かります。

審査があります。記事数が少ないとはねられます。ある程度記事数が増えたら申請してみられるとよいでしょう。普段からAmazonで使っているメールアドレスを使った方が通過しやすいという話もあります。その方が信用があるからかもしれませんね。

Amazonアソシエイト(アフィリエイト)プログラムに参加しよう!

楽天アフィリエイト

楽天アフィリエイトのサイトです。

楽天アフィリエイト

A8.net

こちらは提供されているサービスや商品の中から選んで、広告を設置するタイプのものです。あまりに項目が多いので、自分が記事で紹介したいものがあれば、一応キーワード検索してみて紹介するという感じでやっています。

サービスありきではうまくいかないと思います。よく知らないものは紹介できませんしね。

面白いのは「セルフバック」という仕組みがあって、自分で利用してキックバックが得られるというものも中にはあります。商品を紹介してもらうために安くで提供する目的だと思われますが、結構お得なものもあります。カードを作るだけでもOKというものもあり、自分が興味があるものが含まれていればかなりお得です。私もいくつか利用しました。

A8.net

もしもアフィリエイト

楽天市場やamazonはもしもアフィリエイトを経由させると10%報酬アップかつ1000円から入金されるという嬉しいメリットがあります。下に紹介するカエレバを使用すれば手間はかかりません。カエレバの「もしも」の欄にもしもの登録IDを入力するだけです。

もしもドロップシッピング

広告リンク作成ツール

カエレバ・ヨメレバ

広告リンクを作成する時に使用しています。複数のサービスをまとめて利用できるので非常に便利です。私は「amazlet風-(改)3」のデザインがすっきりとして好きなので使用しています。

商品紹介ブログパーツ カエレバ

本の場合は書籍紹介用のヨメレバを使用しています。

書籍紹介ブログパーツ ヨメレバ

スポンサーサイト