Windows歴26年の私がMacBook Proを買ってやったことまとめ。

MacBook Proもう手放せません。めちゃくちゃ便利です。私がMacBook Proを買ってやったことをまとめました。

なごみ
便利になったことや思うことを書きます。


デスクトップの表示・アプリの切替

WindowsだとコントロールとDボタンを同時に押すと一瞬でデスクトップを開くことができますよね。あの操作とドンピシャで同じ操作(必ずワンタッチでデスクトップに行く方法)が見当たらないのです。近いところで以下の方法が便利です。

  • ⌘キーを押しながらtab(→|)キーを押す
    tabキーを押すごとに起動しているアプリを切り替えることができます。これにシフト(⇧)を加えるとアクティブの移動方向が逆になります。
  • controlキーと矢印(◀︎▶︎)を同時に押す
    デスクトップ画面を切り替えることができます。トラックパッド3本指の左右スワイプでも切り替えができますが、キーボードでさくさくっと切り替わるのでサクサク切り替え方にはオススメ。
  • トラックパッドを3本指で上にスワイプして、マウスポインタを上に移動する
    デスクトップ画面を切り替えたり増やしたり削除したりすることができます。どんなデスクトップが存在しているか確認することができます。右端のプラスボタンをクリックして、何もないデスクトップ画面を1つ作成しておくと便利です。

ウィンドウズDに見合うものをサポートセンターやアップルストアで聞いてみたのですが、その必要性が伝わりません。「この方法で充分じゃないですか。なぜダメなんですか。」という感じです。違うんですよ。ワンタッチで表示したいのですよ・・。

スポットライト検索(⌘+スペース)

スポットライト検索はワンタッチでMacBook内の情報をサクッと検索できる機能です。アプリ、ブックマーク、フォルダから、ネットの記事まで。ひとつの操作で一気に串刺しで検索できる。iPhoneで言うと指2本するっと下に下げた時に出てくる枠みたいな機能です。めちゃくちゃ便利です。

スクリーンショットを撮る

全画面のスクリーンショット

シフトと⌘と数字の3を同時に押すとデスクトップ画面に画像が自動的に保存されます。

部分的なスクリーンショット

シフトと⌘と数字の4を同時に押すと、マウスポインタが十字のカタチになります。その状態でドラッグして範囲を選択します。マウスボタン(トラックパッド)から指を離すと、デスクトップ画面に画像が自動的に保存されます。

音声で文章を入力する

最初の設定さえしておけばfnキーを2回押すだけで聞き取ってくれます。

fnキーを2回押して入力モードに入ります。もう一度2回押すと入力モードが解除されます。Windowsと比べて音声入力かなり正確にできるのか便利なので、文字をたくさん入力するときはMac使っています。全て正確にできる訳ではないので、大まかに全体を入力して、違っているところをキーボードから修正しています。ちなみに漢字変換のミスはカーソルをその単語のところにもっていってかなボタンを2回押すと再変換してくれます。

かなり文字入力の省力化ができています。タイピングの半分から7割ぐらいをまっくマックにお手伝いしてもらっている感じです。音声入力に関してはiPhoneやiPadからでも同じ位の精度なのでそちらを使ってもいいのですが、キーボードと併用出来るので私としてはMacBook Proが便利です。

私はキーボード入力が速いほうですが、それでも音声入力のほうが断然早いです。拡張音声入力はオンにしたほうが精度が高くなるようです。

音声入力の途中で「コマンドを表示」と言うと、操作に関する命令の一覧を表示してくれます。「コマンドを隠す」と言うと非表示になります。

▼こんなウィンドウです。これで音声で指示する時の操作を覚えていくといいですね。

iPhone iOSの音声入力の精度の高さに驚く。フリック入力より断然早い。

2017年1月22日

こちらはアップルのサイトです。

Mac でテキストを音声入力する | Appleサポート

トラックパッドをフル活用

16のジェスチャー

MacBook Proのトラックパッドは非常に優秀です。

16種類もあります。まだ全部は使えていませんが、一つでも多く覚えた方がお得感があるので、今覚えていっているところです。

Mac で Multi-Touch ジェスチャを使う

タップでクリックをオンに

1本指でタップでクリックをオンにしました。

システム環境設定→ポイントとクリック→タップでクリック

これをオンにしておくと力を入れずにクリックができます。指でクリックした時だけ反応してくれるので誤動作がありません。優秀。タップだと音が鳴らないので静かに作業ができます。これで電車の中でも作業ができる。

ショートカットを覚えるほど便利になる

Macはショートカットを覚えれば覚えるほど使いやすくなります。

覚えて便利だったショートカット

  • Ctrl+D 右側を消す
  • ⌘+Q アプリを終了する
  • ⌘+Z 元に戻す(前回の操作を取り消す)
  • ⌘+C コピー
  • ⌘+V 貼り付け
  • ⌘+スペース Spotlight検索 Macの中の画像、ファイル、ブックマーク、外のサイト何から何まで一括で検索できる。これも超便利。
  • 日本語変換をWindows風に変更 Windowsを使ってきた場合はしておいた方が楽だと思います。特に「ん」の変換。Macだと2回Nを入れないと「ん」にならないんですよね。設定方法はシステム環境設定の「キーボード」→「入力ソース」→「Windows風の入力操作」にチェックを入れます。

覚えたいものをノートに書き出しています。やっぱり手書きで書き出すのはいいです。ノートはパタッとすぐ開けますからね。何回か開いていたらそのうち覚えます。

参考サイト

テキスト入力が死ぬほどはかどるMacショートカットキー15個

あと指でするっと操作できるマルチタッチジェスチャーも便利です。特にいいのがミッションコントロールの表示。ミッションCtrlとはどんなアプリが動いているかパッと見て分かる機能です。

Mac で Multi-Touch ジェスチャを使う|Apple

あと入力関連ですがでずっとローマ字を入力するときにはモードにしておくのが便利です。左下のシフトボタンの下にある矢印の下に四角がくっついているロックボタンを押すと大文字入力モードになります。

コピペの連携(ユニバーサルクリップボード)

コピペも連携できるんですよね。これはApple StoreのMac中級編のセッション(レッスン)で教えてもらいました。ガジェット間でコピペが共有できるというものです。例えば、iPhoneでコピーした文字列を何にもすることなく、MacやiPadでペーストできるというものでユニバーサルクリップボードと言います。

macOS Sierra: デバイス間でコピー&ペーストする|Apple

iPhoneで設定したパスワードをMacで入力するなど。ほんと地味に便利!

ライブ変換をオフに

文字入力している先からどんどん変換してくれるライブ変換機能が付いています。でも思ったように変換してくれないんです。私は慣れなくてオフにしました。

設定方法

システム環境設定→キーボード→ 入力ソース

ライブ変換をオフにします。

iCloudの容量アップ

iCloudの容量を有料の50Gにしました。ブログやってるとたくさん写真があるので結構容量使います。130円の月額費用はかかるけど余計なこと気にしなくて良くなった。共有できるのも便利です。

ブックマークの整理と同期

同じAppleアカウントでログインしてSafariを使うとiPad、iPhoneとブックマークが統一できます。意識することなく全く同じようになったので快適です。

今までのWindowsマシンでもChromeを介して連携していましたが、同期が何度かうまくいかなくてイライラすることがありました。でもChromeは拡張機能が便利。なんとかChromeでスムーズに同期できないか頑張ったけど、なんかうまくいきませんでした。そのため拡張を機能を使いたい時だけ、Chromeを使っています。

この機会にブックマークを全部見直して、思いっきり整理してすっきり使いやすくなりました。

ファイルアプリでiPhoneとファイル共有

今までiPhoneにある「ファイル」というアプリ。何だろうと思っていましたけど、これってMac内の写真や各種ファイルをiCloud越しにファイル共有できるんですね。デスクトップも共有していて、意識せずに入ってくれる。これはめちゃ便利。IPhoneのトップページに移動しました。

カレンダー、todo、メモをよく使うようになった

連携があまりにスムーズなのでカレンダー、todo、メモもフル活用することにしました。大事なものもここに全部集めました。画面が広いMacBookで見るとなんと使いやすいこと。今まではiPhoneがメインでパソコンでも見れるという感じだったのが、今はMacBook Proがメインでこれが、iPhoneでも持ち出してすぐ確認できるというようになりました。あくまでもメインはMacBook Pro。

インストールしたアプリ

  • Photoshop 画像加工・アイコン・アイキャッチ作成
  • Lightroom 写真管理
  • MarsEdit ブログやミニサイトの記事作成
  • Skitch 写真内の文字入れ(説明用)
  • Sublimetext HTMLやCSSコードを記述
  • Office 365ビジネスに加入

iPadとMacでデュアルディスプレイを導入した

IPadにアプリを導入してMacからデュアルディスプレイとして使えるようにしました。これ以上に使いやすいです。IPadはタッチ操作ができますから、つまりタッチセンサー付きの画面が拡張できたのと同じことです。

MacBook ProとiPadでデュアルディスプレイにする方法(Windowsも対応)

2018年4月29日

マウスを接続

Macのトラックパッドはとても便利ですがやはり仕事でマウスを使いなれているので、普段使っているマウスを接続しました。残念なことにウィンドウズのマウスとホイールを増した時のスクロールの方向が逆なんです。でもトラックパッドのスクロール方向はこのままでいいんです。サポートにトラックパッドのスクロール方向とマウスのスクロール方向を別々に設定できないか聞いてみましたが、マックの環境設定ではできないということでした。MacのApp Storeでアプリをインストールすればできるかもしれないという回答でしたがこれについてはまた調べてみます。

Magic Mouseを使ってみましたが、私には合いませんでした。薄すぎるのと重いのがその理由です。残念ながら売ってしまいました。

マウスの縦スクロールの方向を逆にする

操作

システム環境設定→マウス→スクロールの方向ナチュラルのチェックを外す

マックで縦スクロールの方向を逆にする

AirPodsを購入

AppleのワイヤレスイヤホンAirpodsを購入しました。Macとの連携はあまりできていませんがこのイヤホン自体は非常に便利です。始めは少し耳に圧迫感を感じましたが慣れると平気になりました。

Macで画面録画

画面の操作説明をするのに画面録画を使っています。

Macでは最初から付属しているソフトQuickTimeで画面録画が出来ます。これは嬉しい。

⌘+スペース(同時押し)でquicktimeを検索します。

QuickTimeを使ってMacの画面録画

左上のファイルから新規画面収録を選んで、赤い録画ボタンをクリックします。画面の範囲を選んで録画することもできます。

画面録画を使って撮った画面はこちらです。

Skitchで文字入れが超便利

MacでもSkitchを使うようになりました。ドラッグアンドドロップで画像取り込み、終わったらまたドラッグでデスクトップに戻す。矢印も文字入れも今はこれが一番楽です。

Windows歴26年の私がMacBook Proを買ってやったこと

ウィンドウを並列させて使う

画面左上の緑色のボタンを長押しすると複数開いているウィンドウぴったり並立させて使うことができます。ウィンドウズだと画面を並べて使うのに慣れているので、同じような使い方ができてとても便利です。

MacBook Proでウィンドウ並列させて使う

サイト作成に便利な機能

レスポンシブ・デザイン・モードを使えばMacのSafari上で各種ブラウザの表示の違いを確認できます。スマホの表紙も確認できて便利ですよ。

レスポンシブデザインモードでブラウザごとの表示の違いを確認する

操作

  1. Safariのメニューバーに「開発」メニューがない場合:SafariメニューバーのSafari→環境設定→詳細→メニューバーに「開発」を表示 にチェックを入れます。
  2. Safariで確認したいサイトを表示させておき、メニューバーからレスポンシブ・デザイン・モードにするをクリックします。
    レスポンシブデザインモードをオンにする
  3. 表示を確認し終わったら同じく2の操作をしてレスポンシブ・デザイン・モードを終了します。

Macを買ってから入れたChromeの拡張機能は

  • MaisureIt!  ウェブサイトのピクセル数を測ってくれるツール
  • ColourZilla  色番号を取得できるツール
  • 1ClickScreenshot  長いウェブサイトでもワンクリックでPDFやpng形式で画面保存ができるツール(画面に見えない部分でもスクロールして保存してくれます)

です。

iPad・iPhoneのアプリアイコンの統一

この機会にiPadとiPhoneのアプリアイコンの位置をぴったり同じに統一しました。自動的に同期する方法はないものか探しましたが、簡単な方法が見当たらなかったので、手動で揃えました。少しの手間ですが、一度揃えてしまうとすっきりします。これ以降、変更する時は

あまり使わないものは後ろから2番目に「保留」というフォルダを作ってまとめています。どちらかにしかないものもあるので、一番後ろにフォルダを作って、iPhoneにしかないもの、iPadにしかないものというフォルダを作ってそこにまとめました。

iPhone、iPadでよく使うアイコンをがっちり1ページ目にまとめました。頻度が少ないものは2ページ目に。全体しては3ページの頭ぐらいまでいきましたが、ほぼ横スクロールをしなくてもよくなりました。今までは5ページ目ぐらいまでいっていましたから。ずぼらですね。アイコンを探す時間が無駄なこと。最近は面倒で検索していましたが、これも無駄。

入りきらないアイコンはドックの右端にフォルダを作って入れ込みました。右下だと親指がすぐ届く。上の画面でフォルダを作ってからドラッグでフォルダごとドラッグすると作成できますよ。

アイコンを統一すると、余計な思考を使わなくてよくなりました。頭のメモリを節約できます。

なごみ
登録も簡単だし、安心の公式サイトで買ってポイントがもらえるのはお得。

楽天市場の運営するRebates(リーベイツ)がおすすめです。(対象商品と有効期限はRebatesサイトをご確認ください)

  1. Rebatesを経由してApple公式サイトで買うと3%の楽天ポイント
  2. このサイトからの登録でさらに500ポイント

▽ 詳しく見てみる ▽

Rebatesお友達紹介キャンペーン

▼MacBookの持ち運びにおすすめ。グレーとブラックがあります。キャリーケースにもセットできます。