Phonto簡単使い方マニュアル|超おすすめの写真文字入れアプリ。フォント400種類以上、機能てんこもり。

もはやこれは文字入れアプリというよりも総合画像加工アプリPhonto。初めての方もすぐ使えるマニュアルを作りました。おしゃれでかっこいいフォントや可愛いフォントを挿入したり、デザインに凝りたい時にはPhontoが超おすすめの愛用アプリです。

なごみ
ぜひブックマークしてご利用ください。

 

使っている様子

使っているところを動画に撮ってみました。雰囲気が伝わると嬉しいです。

くま
スマホの方は横向きにして見るのがおススメです。


www.youtube.com

Phontoのいいところ

このPhontoは色んな用途に使える便利アプリです。使い始めて早6年。写真や図形を重ねたりおしゃれな文字を入れたり。印刷すればプリクラみたいに可愛いシールやラベルもできます。またブログ記事のアイキャッチフォトバナーも使れます。この記事のアイキャッチもPhontoで作りました。所要時間5分程度です。フィルターなどの画像加工もできます。Instagramに写真をアップする時にもいいですよ。

かなりの機能が無料で使える

無料の範囲でも十分素敵に仕上がります。無料でここまで使えるのは驚異的。一部のフィルターなど特殊なものは一部有料で鍵のマークが付いています。使おうとすると「購入しますか?」と聞いてきます。無料の範囲で使いたければ、そこでキャンセルすれば大丈夫です。有料の機能も金額は高くないし、一度購入するとまた使えるのでお得感はあります。パソコンのソフトと比べると安いものです。

操作が簡単

難しいソフトを使わなくてもおしゃれな文字入れが簡単にできます。スマホだけでも十分です。メニューが分かりやすいので直観で操作できます。

フォントが400種類以上

数えようとして途中でしんどくなりました。それぐらい数が多いのです。それもデザイン性の高いおしゃれなフォントがずらりと揃っています。どれを使うか迷ってしまう程です。フォント名自体が文字サンプルになっている選びやすい。

初めて使うフォントはダウンロードが必要です。タップするだけで一瞬で入ります。更に初期状態で入っていない外部のフォントもダウンロードして使うことができます。>>ダウンロードしたフォントを使う

f:id:yururimaaruku:20160527213104p:image

インストール

まずはアプリをインストールしましょう。iPhone、iPad、Androidで使えます。

iPhone・iPadはこちら

Androidはこちら

基本はこの3つ

画像を取り込んで、文字を入れて、保存する。基本的にはこの3ステップです。

  1. 画像を取り込むアプリを起動したらカメラマークをタップ→ 写真アルバムから写真を選びます。
  2. 文字を入れたい場所で画面をタップ → 文字を追加 をタップします。
  3. 画面右下の上向き矢印をタップします。

豊富なメニューを使ってみよう

上の3ステップに加えて色んな装飾が出来ます。どんなことが出来るかざっとご紹介します。

写真にフィルターをかける

写真の取り込み時にフィルターが選択できます。フィルターとは、ワンタッチで写真の雰囲気を変えられるツールです。Instagramにも同じ機能があるので馴染みのある方も多いでしょう。ワンタッチで写真全体を明るくしたり、暗くしたり、紗をかけたりとガラリとカッコよく変えることができます。種類はInstagramより豊富です。数えたら無料が18個、有料が14個ありました(2017年12月時点)。

アプリを立ち上げて、一番下のカメラのマークをタップ→写真を選ぶと下にフィルタをかけた時のサンプルが表示されます。右の方にスクロールしていくと鍵マークが付いたものが出てきます。これが有料のマークです。

f:id:yururimaaruku:20160527223230p:plain

ひとつ選んで右上の完了をタップするとフィルタが適用されます。

別のフィルタに変更したい時は、一番下のカメラマークをタップして最初から画像を選びなおしましょう。この時作成中の画像は破棄されますので、必要なら保存しておくのが良いでしょう。

作品を保存する

保存するには上向き矢印ボタンをタップします。画像を保存を選ぶとスマホの写真フォルダに作成中の画像が保存されます。操作の途中でテンプレートとして保存することもできます。

文字スタイルツール

入力した文字をタップすると、デザイン設定のメインメニュー文字スタイルツールが出てきます。ここで文字色や傾き、サイズなど文字に関する調整ができます。

文字のサイズを変更する

操作

入力された文字をタップして選択→(左下の)サイズ●印を左右に動かしてサイズを調整する(+-で微調整可)

 

f:id:yururimaaruku:20160527222417p:plain

文字を傾ける

角度も見ながらバーの横スライドで微調整できます。するっとさかさまにもできますよ

操作

入力された文字をタップして選択→(下中央の)傾き → ●印を左右に動かしてサイズを調整する(+-で微調整可)

f:id:yururimaaruku:20160527222507p:plain

Instagram用に正方形カット

正方形にトリミングできます。

操作

画面左下の三マークをタップ → 左側出たメニューから正方形化を選択

f:id:yururimaaruku:20160527222534p:plain

ひとまず自動フィットをONにしてみましょう。こんなボタンが現れます。

自動で中央寄せ

上下の高さを枠にフィット

左右の幅を枠にフィット

余白のとりかたを選びます。左右どの位置に余白を入れるかが選択できます。

背景色を変える

▼ 背景をグレーにしたらこんな感じになります。

トリミング(上下左右を削る)

操作

自動フィットをOFFにします。上を削りたければ、写真を上にドラッグします。下を削りたければ、写真を下にドラッグします。上下左右を削りたければ、指で広げて拡大します。つまり枠の中に表示されている部分だけが残ります。残したい部分が枠の中に表示されている状態で右上の完了をタップします。表示されていない部分はカット(トリミング)されます。

テーマを選ぶ

f:id:yururimaaruku:20160527223527p:plain

Phontoではこういう加工をテーマと言います。星型・ハート型・丸形などで画像を飾ることができます

白っぽくしたり、白黒にしたり、星形やハートなどの画像を重ねてみたり、可愛い柄の枠をつけたり(水玉、ボーダー柄の枠など)できます。これを使うとプリクラみたいにできます。

操作

(画像を表示した状態で)左下の三のマークをタップ → テーマを変更

文字・画像を移動する

操作

入力された文字をタップして選択 → そのまま動かしたい場所へドラッグ

文字をタップすると手裏剣のマークが出ます。この矢印で微調整が出来ます。ほんの少しだけ動かしたい時はこれを使いましょう。左下の ←A→ で左右中央に、その右隣のボタンで上下中央にワンタッチで配置できます。

f:id:yururimaaruku:20160527222641p:plain

▲ 一番下のレイアウトボタンをタップすると手裏剣のようなマークが出ます。右端に出ているボタンから文字の配置を選択することもできます。

吹き出しや四角などの画像も同じように移動できます。

記号の挿入

操作

写真をタップ → 文字を追加 → 開いたウインドウの記号をタップ

f:id:yururimaaruku:20160527213246p:image

アンダーラインの挿入

アンダーラインのデザインも点線、太線、二重線など豊富です。

操作

入力した文字をタップして選択 → スタイル → (開いたウインドウの上にある)スタイル → (画面中央)下線 → (もう一度)スタイル

 

下線のタイプが選択できます。

f:id:yururimaaruku:20160527222812p:plain

色をコードで指定する

色は色コードでも指定できるので細かい設定が可能です。

操作入力された文字をタップして選択 → スタイル → (カラーパレットの右にある)三のマークをタップ鉛筆マークをタップ
f:id:yururimaaruku:20160527224246p:plain

文字色・背景・ふちどりの色・透過度を設定する

下のような画面から選べます。カラーパレットを左右にスクロールして選べます。また3原色(赤・緑・青)の組み合わせで直感的に調整することもできます。

操作

入力された文字をタップして選択 → (右上の)スタイル → 下の各メニューを選択して調整

各メニューの意味
文字・・文字色
ストローク・・縁取り
背景・・文字の背景
透過度・・下の画像を透かして見せる度合い。数字を大きくすると文字が薄くなります。
f:id:yururimaaruku:20160527225611p:plain

 図形を重ねる

操作

画像を表示した状態で左下の三をタップ→ アイテムを追加 → (一番下のマークでグループを切り替えて)好きな図形を選択

例として透過にして地に薄い黒を入れてみます。

メニューからアイテムを追加をタップします。

f:id:yururimaaruku:20160531225504p:plain

色んな形から選べます。

f:id:yururimaaruku:20160531225530p:plain

 

★のグループに切り替えるとハートや星型が選べます。

f:id:yururimaaruku:20160531225610p:plain

可愛い花柄もありますよ。

f:id:yururimaaruku:20160531225555p:plain

文字のサイズ調整と同じ方法で高さと幅が調整できます

f:id:yururimaaruku:20160531225629p:plain

背景の透過度も設定できます。

操作

画像を選択→スタイル→背景 →(一番下の)透明度バーをスライドして調整

f:id:yururimaaruku:20160531225646p:plain

背景色を入れると文字が読みやすくおしゃれになります。センス次第でオシャレな画像も作れます。腕がなりますね。

f:id:yururimaaruku:20160531225700p:plain

カーブ(文字を円形に配置する)

文字スタイルツールをシュッと右にスライドすると、カーブなどの項目が現れます。下はカーブをタップしたところです。バーでカーブの角度が調整できます。

バーを逆方向にスライドすると下半月の形にもなります。右横の3Dと消しゴムは有料メニューです。

操作

入力された文字をタップして選択 → 文字スタイルツール(黒いメニュー)を左へスライド → 右に隠れていたメニューが現れる → カーブ●印を左右にスライドしてカーブの度合いを調整する

f:id:yururimaaruku:20160527233334p:plain

日本語フォントの場所はこちら

日本語フォントの場所は少し分かりにくい場所にあります。

一番下のメニューの右端の「日本語」をタップします。

アルファベットほどではないですが、凝ったフォントが多数用意されています。可愛いフォントもたくさんあります。この他にフリーフォントをダウンロードして挿入することもできます。

操作

画像をタップ→文字を追加 → フォント →(右下の)日本語をタップして切り替える

f:id:yururimaaruku:20160528000019p:plain

縦書きにする

文字入力画面の右下に「横書き」とあるのでここをクリックすると「縦書き」に切り替わります。

操作

入力された文字をタップして選択文字 →(右下の)横書きをタップ

f:id:yururimaaruku:20170107104615p:plain

縦書き文字が入りました。

f:id:yururimaaruku:20170107104719p:plain

アイキャッチ画像をつくりました

1.この記事のトップ画像はPhontoで作ったものです。こちら。

2.写真に画像と文字を重ねてアイキャッチを作成しました。

こちらの記事で使いました。

おすすめ 超簡単 塩レモンレシピ。5ヶ月前のがいい感じになってた。ちょっと遅れてマイブーム。 – ゆるりまあるく

 

* * * * * *
関連記事
* * * * * *

画像加工iPhoneアプリSnapseedの使い方。iPhoneの画面をブログに貼り付ける簡単な方法。

2016.04.09

おすすめ 写真アプリ 料理が簡単に美味しそうに撮れる!加工フィルター20種以上

2016.07.31

パソコンで文字入れする時にはフリーソフトJTRIMもおすすめです。ブログの写真には文字を入れておくことで記事の転載防止にもなります。

画像加工フリーソフトJtrimがブログ書くときも大活躍しています。画像切り抜きやリサイズが軽快。使い方・ダウンロードなど。 – ゆるりまあるく

 

スポンサーサイト